むりやり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仲良しの先輩とそのまた先輩とミスド
お茶に。
私はいつものごとく
聞いてくださいよー大きなおじいさんが…
とグチる気まんまんでした

大先輩が
誰々がなになにとか 文句はやめよお
せっかくこの3人でお茶できたんだし(^∇^)
ね グチは時間がもったいないよ♪
だって。
なんてステキな人なんだろ~
(//∇//)
ね。
まかないの話しになってさ
大先輩はある日味がおかしい物を
食べたのね。
これ酸っぱいですけど そういう味ですか?
って。
みんながシレーとしてて
やっぱり?みたいな雰囲気だったの( ̄○ ̄)
大先輩は飲み込んでしまって
その時に
5日前に作ったものです…
と聞こえたのよ♪と

大先輩かわいそうだったけど
よくありますよね??何度か。
って大笑いになった

むりやりでも楽しい話しの方が
やっぱりいいね(^ー^)
うふ(*´ー`*)

と言うわけです

そういえば
めがねシェフにね
私が小さな声で伝えたいことがあって
バンって近寄ったらね
あとずさりしたのね
ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
本人に伝えたの
なんだかショックです( ̄△ ̄)と
そしたらさ
そうやってガマンしないと
抱きしめてしまいそうだからです(>_<)
だって
はぁ(*´ー`*)
珍しくどきっとした
もっともっと言って欲しい
そういうことでしか
自分の存在価値を見いだせないんだよ
人に依存してるってことだ
相手の中に自分が居ないと
私は何なのかなって
普通は違うよね
おかしいのかな
ま それに気づいただけでも
進歩しておりますね

でわ(^ー^)また

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*