モラルハラスメント

モラハラ家族が不倫!?居場所が家庭にないなら作ればいい

モラハラ被害にあっている時、どんなに家庭を守ろうと努力して頑張ったって
あなたの居場所はありませんでした。
子供たちは父親に洗脳され同じようにあなたを馬鹿にし、夫と同じように
存在しないかのように生活します。

そんな時のあなたのできることに避難場所の確保を提案します。
息抜きができれば、なんとか気持ちを保つことができます。
自分を責めずに受け入れられる気がします。

嫌なところに居る時間を少しでも少なくしましょう
自分の身を守る権利は誰にでもあります。

なぜそんな話を偉そうに私がするかと言うと
モラハラ館の滞在時間が長期に及んだからです。
なのでモラハラ被害にあっている方の気持ちが
痛いほどわかるんです。

ところで私、上杉めいは一日平均パソコン作業事案8時間43分なんです。
暇なわけじゃないのよ〜
頼まれたデジタルイラスト やらラインティングの仕事やら
ブログの記事作成二つやら鬼作業してるんすよ

何も収入にはなりませんが。

では具体的に

モラハラ家族」からの避難場所

  • ビルの屋上
  • 駅ビルの上の方の階の飲食店のコーナー付近
  • コンビニのイートインコーナー
  • ファミレスのドリンクバー

どうでしょう。いてもあまり人に迷惑にならない場所です。
しかも私は対人恐怖症なので知人に会う場所ではダメでした。
友達の家はもっとダメです。
口からヘビやカエルがあらわれるかのような
毒々しいモラハラ夫への愚痴が止まらなくなります。
何もわざわざ友達に嫌な思いをさせたくないし
わかってもらえる話でもありませんでしたから。

モラハラ家族からでて秘密基地を持つこと

心身を健康に保つ働きがあります。
心を立て直したり、寛いだり、考えたり
安心する場所は誰にでも必要です。

それがあなたの場合、家庭じゃなかっただけの話です。
いくら頑張ったって努力したってそれが叶わなかったのは
事実。だって周りの環境がたまたま

へんな臭いおじさんがあなたのことを責め続ける

だけであってあなたは悪くないんですもん。家事や育児が得意じゃなくても
しっかりやりましたよね?望むこと全てを叶えようとしましたよね。
子供達のお世話もしながらなるべく笑顔で
愛情を持って接し、
あなたのやることなすことに難癖つけるときも
「ただ甘えているだけ。」と気楽に受け止め欲求に答えてきました

それでもあなたを蔑み、馬鹿にし、いないかのように扱う環境には
止まる時間を短くしましょう。

特にモラハラ被害の大元となる臭い人とは
あまり関わりを持たないことをお勧めします。

ぜなら、
何をしてもしなくても文句をつけることに変わりはないからです。

ね?経験者の言葉、すっごい説得力でしょ?

あと1つどうしてもこっそりお伝えしたいことがあります。
世間的にはどんなバッシングを受けるかわかりませんし
私のことを「汚らわしい」と思われる方もいるかもしれません。

ですがモラハラ被害者の気持ちが分かるから
いいます。

モラハラ家族の外に好きな人がいること

倫理的、道徳的には大変悪いこととされています。
芸能人の不倫騒動なんか見てもまるで大犯罪を犯したかのように
世間は責め立て
「どうもすみませんでした。二度と彼には会いません」などと
頭を下げ謝罪するのが定番です。誰に誤っているのか
世間の人にはなんら影響もないのに謝られてもカオス。
当人同士の問題なのにね

それは置いといて

モラハラ被害者だって人間です。ただ、安心できる安全である場所である
家庭でモラハラによって人間扱いされず、奴隷のような存在にされています。
家庭では人間ではなく、奴隷なのであなたは対等に扱われません。
何も聞き入れてもらえず、しかし問題が起きると
責任は全てあなたにのしかかります。

そんな被害者が外に好きな人
心を許せる大事な人がいることは人としては間違っていません。
なんとかこの世界に自分をつなぎとめておく手段とも言えます

まあ、もしあなたに何かあった時、モラハラ加害者である病原菌は
「病気で世話が大変だったとか」
「うつ気味だった」
「頭がおかしかった」と非があなたにあることとするのは明確です。

平和ななにも問題のない家庭で育った人、家庭のある人が
どんなにあなたのことをdisろうと
私は絶対にあなたを責めません。

「間違っている、あっている」という認識では片づけられない問題もあるんです

自分の身を自分で守るその方法として好きな人ができたのだと思います。
世の中の出来事は必然だといいますが
何もあなたが一人で何もかも背負って苦しむ必要はないのです。

 

モラハラ家族が嫌で不倫!?

私、以前、相談員に相談した夫のことの情報開示をしてほしい
弁護士さんにお見せしたいので
と役員さんに頼んだことがあります。
役員さんはしばらく書類に目を通し、長い間周りの人と相談した挙句
諭すようにこういいました

「めいさん。めいさんには好きな人がいたようです。
その方には家族があり子供も居ましたね?」

鳩が豆鉄砲を喰らった顔になった私に立て続けにこういいました

「いつも相談にのっていてもらった仕事場の上司ですよ!?
その人の家庭にも迷惑をかけることになります。情報は開示できません!
お引き取りください!」

唖然としましたよ。ただ、職場で相談に乗ってくれた人を
不倫相手だと相談記録には書いてあったのかもしれません。
私は淫乱だと言うことですか?
相談すれば不倫だの淫乱だの節操がないと言うことですか?
私を蔑んだ相手でなくさらに私を蔑むの??
(何もそこまで言っていないのにこの時は心がボロボロで感情のコントロールや
考え方がめちゃくちゃになっていました)
途端に涙が止まらなくなり全身の力を込めて言いました。

「心外です。相談員さんの勘違いです。」

この話をネットの友達であるキリンさん(命の恩人)に相談したところ

「もし、それなら、めいさんはどうしたらいいんでしょう?
ただ相談に乗ってもらうことどこがいけないんでしょうか?
もし、本当に好きな人がいたとして世間的、道徳的には
間違ったことかもしれませんが、一人の人間として扱われることを
誰が責められますか?」

と言ってくれました。
その言葉をきいて
自分をずっと責め続けた心がじわっととけて
暖かくなるのを感じました

だから今、好きな人がいて自分を責め続けている

モラハラ被害者の皆様にも同じ言葉を送ります

「道徳的や倫理的には間違っているかもしれない。でも
一人の人間として扱われることを誰が責められますか?」

もし今の私が情報開示の場であんなことを言われたらこう言いますね

「ああ。。。私、美しいですからね!すぐに色恋沙汰にされるんですよお
お姉さんと同じくらいかそれよりちょっと上かな?

いい歳だけれどもね、お姉さんはちょっとお馬さんのような顔だけど
まだ綺麗だし性格いいからモテるんですよね〜♪えへっ♪」

このくらいの強い気持ちはありますよ
「女に笑われる女にはなるな!」

では!

モラハラ離婚してからの生活|パソコン作業が8時間43分!だけどさらに驚くべき事実が前のページ

モラハラ夫から見たターゲットはライオンから見たシマウマ!?次のページ

関連記事

  1. モラルハラスメント

    最高な未来の描き方

    「最高な未来」を描きたいアナタへ19年に及ぶマインドコ…

  2. モラルハラスメント

    秘密基地

    秘密基地のようなひっそりとあるブログですが意外とたくさんの人た…

  3. モラルハラスメント

    モラハラ夫のいびきで理性が崩壊したよ。笑い事じゃありません・・・

    こんにちわー、カウンセラー画家上杉めいです。突然ですが、あなた…

  4. モラルハラスメント

    モラハラ家庭での子供達の未来

    モラハラ生活で何より一番の悩みの種であるモラハラ家庭の子供達がどうな…

コメント

    • uesugimei
    • 2020年 1月 16日

    早川さん。いつもありがとうございます。
    2次被害はさらに落ち込みますよね。

    県の相談員さんに変えて正解でしたね!
    いろんな人が居ますが、いつも必要な時に
    親身になって相談に乗ってくれる人が現れるのが
    早川さんの人間力ですよね〜

    私は
    人に話すとモヤモヤと悔しさが残るから
    誰とも関わることをやめてしまったら
    本当に誰とも話さなくコミュニティーもなく
    孤独に見える毎日を送っていますよ。
    私はいろんなことを考える時間がたくさんできて
    とても嬉しいですがね〜

    • 早川成海
    • 2020年 1月 15日

    ブログ読みました。
    わたしの受けた被害と同じでした。
    めいさんは相談員さんから2次被害を受けたんですね。
    私もそうでした。
    相談員を県にかえたら県の相談員がいうには私の元相談員は先入観で私をみている、
    色眼鏡でみている、と味方になってくれました。
    めいさんはキリンさんにとっても慰められて本当に良かったですね!

    なかなか柔らかいわかりやすい言葉で慰めてもらえるってないので
    キリンさんの存在は貴重ですね。

    めいさんのブログ読んでると本当に慰められます。

    いつもありがとうございます
    応援してます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. 団地のインテリア

    モラハラ被害からゆるミニマリストをめざして 空白を楽しむ暮らし
  2. モラルハラスメント

    モラハラを知って、近寄らないで欲しい。
  3. モラルハラスメント

    あまりにも
  4. モラルハラスメント

    【モラハラ】精神的暴力の殺傷能力が高すぎ。亡くなっている人がたくさんいるよ
  5. うつで困るお出かけを工夫してみよう
PAGE TOP