モラハラ夫の不思議 どうして離婚してもなお幸せそうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私、よく思うのですが

モラハラ加害者はターゲットに
めちゃくちゃな
犯罪紛いのことをしておいて

ちっとも悪い事態が起きない。

因果応報じゃないんじゃない?

バチが当たるんじゃないの?

これって何かおかしくないって思いませんか?

 

知っていますよね

モラハラ被害にあったことがある人は

相手は最悪であること。

うま〜くすり抜け

何もなかったフリをして

善人の皮を被って何食わぬ顔で生きています。

悔しいというより
仕返ししたいっていうより
理不尽だなって思うのですよね。

だってモラハラ被害にあった時から
それだけで終わりではありませんよね。

まるで時が止まってしまったような
いつまでもモラハラを受けていた時の
気持ちから抜け出せないで
苦しいですもん。

でここでお伝えするのは

モラハラ夫(加害者)に仕返しする方法

ではありません。

あなたにこんな最悪なことが起きた意味。

モラハラと出会ってしまった理由を

エネルギーの流れという観点から見てきますね。

エネルギーってっっw変に思われそうですが
この世の中は全てエネルギーでできています。

水も酸素も電気も感情も物も食べ物もエネルギーです。

ですから怪しいと思わず
ちょっと耳を傾けてくださいね。

エネルギの観点から捉えてみると
私たちは「媒質」です。

媒質とは本当の意味は

「ある作用を他の場所に伝える
中立となる物質や空間」

です。

イメージとしては、部屋の外から
太陽の光が入ってきたら、
窓ガラスを通って中に入っています。

その窓ガラスが媒質となります。

あるいは、どこかで花火が上がっていて
後からその音が「どっコーン」と
聞こえてきたとします。

その花火の音は遠くから
空気という媒質を辿って
あなたの耳に届いたのです。

なので、もっと簡単に媒質を
定義しなおすなら、

「何かを何かに伝える役割を持つもの」

ということができます。

なので例えば、夫が言った言葉を
貴方が子供に伝えたとします。

すると

「夫→あなた→子供」

この時あなたが夫の「媒質」となったことがわかりますよね。

今のはあくまでも言葉ですが、
言葉以外でも全てのことで
私たちは「媒質」の役割を持っています。

例えば夫がイライラして
その感情をあなたにぶつけてきたとします。

その感情(エネルギー)を受け取ったあなたが
無意識のうちにイライラしながら子供に
その感情を伝授させてしまいます。

そしたら

 夫⇨ あなた ⇨ 子供
    (感情) (感情)

感情の媒質となります。

しかもここで厄介のなのが
さっき挙げた例は子供の一人だけですが
実際にはたくさんの人に広がります。

夫からあなたがイライラを受け取ったとします。

そしたら、あなたは子供だけでなく
何人、何十人という人々にそのイライラを
伝授させてしまうということです。

つまり、拡散するのです。

イメージとしては、ガソリンを燃やして
有毒ガスをボフボフと空気中に撒き散らしながら
走っている車のようなものです。

で、エネルギーというのは絶えず
この宇宙空間を循環しています。

なのでもし、私たちが悪いエネルギーを
この宇宙に拡散、撒き散らしていたら
それが大きくなって自分に返ってきます。

それが仏教の縁起の考え方です。

もし本当にそうで、
もし私が
モラハラ環境で暮らしていなかったら
今頃離婚をしていませんし
子供たちともお別れしていません。

ということは真面目な家庭の妻として
一家の家事を担っていたかもしれません。

そうなったら今頃モラハラについて発信なんて
していませんでした。

モラハラ被害カウンセリングとも
であっていませんでした。

そうしたら、さらに、今頃
このブログを書いていません。

皆に、モラハラのお伝えはできていません。

つまり、全ての細かい出来事が
つながっているという事です。

縁起です。

なので

「エネルギーは循環している」

という話をするとどうしても
怪しい、おかしいと思われるのですが

別におかしくなんてありません。

当たり前のことを
話しているまでです。

そうやって、私たちは「媒質」として
この宇宙に存在しています。

であれば、他のものから悪いものを
受け取ってしまったとしても、
それを悪いままで拡散してはいけません。

夫からイライラを伝授されても
それを媒質である私たちが変換して
子供やその他の人には良いエネルギーとして
拡散することが大切です。

それが私にとってはカウンセリング であり
このブログです。

つまり、いろんな人や物から良い知識を得て、
その良いエネルギーをネットを通して
他の人に拡散しているということです。

その循環の中で1つお金
という物質として返ってくるのです。

でも、それはお金じゃなくて
誰かのと出会いかもしれません。

このブログをしていたから
カウンセリングの先生とも出会えましたし
ここで優しいひとたちとも出会えました。

このブログを読んで励まされるという声も聞きます。
モラハラ被害にあった人が
自分の身に起きたことを知って
心の傷を回復していっているのかもしれない。

そして応援されることが多くなりました。

たった一人であちこちで
パソコンをカチカチ打っているだけです。

 

自分が世に発したものが

なんであれ、それは必ずなんかしらの形で
返ってきます。

それは「お金」「出会い」「知識」
そういういろいろな形となります。

「お金」というのは1つの形態であって
それがどんな形となって返ってくるかは
自分達にはわかりません。

ですが、必ず発したエネルギーは
自分に返ってきます。

そうやって自分を捉えれば
人生がまるっきり変わってきます。

今この瞬間、
未来は確実に変わっています。

 

モラハラ被害者は言葉で言い表せないほどの
とても辛い思いをしてきました。

納得なんてとてもできないと思います。
相手を許すなんて気にななれません。

思わず子供に当たってしまったかも
または親に泣きながら電話したのかもしれません。

もしかしたら

モラハラ夫に出会う前からそうだったのかもしれません

ですが、過去にどんな出来事があろうと
どんな悪いエネルギーを撒いてこようと

未来は変えることができると私は思っています。

今、この瞬間から
未来を変えていきましょう。

いつか自分達を恐怖のどん底に陥れた
モラハラ加害者に無関心になるまで、
モラハラ経験を生かして
これを糧にして
たくさんの出会いを通して
未来を変えていきましょう。

あなたにそれができるから
モラハラという理不尽な環境に
出会ったのだと考えたら・・・。
理解というより
少し納得はいきますよね。

 

私がそうであったように

あなたも前を向いて
歩いて行けますように。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)