モラルハラスメント

モラハラの後遺症の意外な盲点。脳へのダーメージ

1500ほどのモラハラ に関する記事を書いていて
私、めっちゃくちゃ大事なことを見落としていました!!

そう、

脳への後遺症、ダメージです。
外傷がないだけにノータッチでした

経験から学べることって
とっても多いですよね。

どんな辛い経験だって
意味があり、
なんらかの糧になるというのはよく知られています。

で、私も
モラハラから離れて2年が経ち
なんとか心が持ち堪えられるほど
回復しているように思えたので
蓋をした記憶を掘り起こしてみたのです。

そうすると
自転車でひっくり返って頭をぶったり
スケートをして後頭部を氷に打ち付けて
脳震盪を起こしたりしたことが
次々に思い出されました。

ムムム・・・
これは脳に関するメッセージと
ぴーんと閃きました。

そこで読んだ本から
もみあげに電気が走るような
でかい衝撃を受けましたので
それをシェアしていきますね。

この意外な盲点である
脳へのダメージを知れば
「そんなこともあるな」
「自分だけじゃないな」と思えて
心が軽くなると思います。

モラハラの後遺症、脳へのダメージ

私たちモラハラ被害者は長年に渡って
家庭という無防備な砦の中で
恐怖や、不安などのストレスにさらわれてきました。

もちろん誰もがみな
日々、ストレスは受けています。

そのストレスを頑張るパワーにしたり
己を奮起させる材料にしたりして
努力したり仕事をがんばったりしますよね。

私たちモラハラ被害にあった人たちも
夫や子供に答えようと
体に鞭打って
心を奮起させてきたわけですが

知っての通り
モラハラ夫のする
指導や制裁や言い分には
「なんの意味もない」ですよね。
「あなたのため」と言いながら

ただただ、自分のサンドバック
ストレスを発散するために
ターゲットにあたっているだけ。

ですからどんなにあなたが
それに答えようと努力しても
頑張っても無理をして動いても
夫に認められるどころか

終わりも答えも正解もないわけです。


そんな永遠の努力をし続けた結果、

ストレスから
心身症状への影響にとどまらず
慢性的なストレスは脳へ、ダメージを与えます。

人の思考を司る
「人間脳」人間の持つ高度な脳の部分は
ストレスを受け続けると
次第に働かなくなり、

コルチゾールというホルモンが分泌され
人間脳よりさらに昔からある脳、
扁桃体、ここでは「哺乳類脳」と呼ぶことにします。

哺乳類脳にまで
ダメージを与えてしまいます。

「哺乳類脳」は人間の本能を司る脳なのですが
そこにダメージを受けると
ストレスに過大に反応しやすくなり

恐怖や不安が増します。

モラハラ被害者は最初、

モラハラという暴力にあっているという自覚はありません。

でも

確実にいつもの自分よりも
異様に「イライラ」する自分には気づきます。

モラハラ夫がいるときだけでなく
慢性的にイライラしていたり
子供に当たってしまったりした場合、

人間脳へのダメージ

すなわち
感情のコントロールができないことが考えられます。

モラハラの後遺症からくる心身症状

には、

鬱や、パニック障害、適応障害
カサンドラ症候群などがあります。

それらはストレスが軽減される状況
例えばモラハラ環境から離れたり、
癒す方法を身につけたりし
睡眠をコントロールしたり
認知の歪みを治したり
薬物を併用したり
思考の癖を治したりすることで
少しずつですが回復する事は
知られています。

ええ

試行錯誤しながら、高度な脳を使って

治していくのです。

私も自己否定をする脳の回路が
バッチリと出来上がっていましたので

深層心理への影響が凄まじかったですよ。

「あなたは悪くない」という言葉に
どれだけ救われたかわかりません。

ですが深層心理は、哺乳類脳からの影響を受けてますので

そんな簡単にぬぐい去られるものではありません。

モラハラとはなんなのか?
どういうテクニックを使い
どういう風にコントロールさせられていったのか

加害者と被害者の心の動きを詳細に勉強しましたが
ふとした瞬間に

「もしかしたら、真の加害者は自分ではないのだろうか?」

という気持ちが心を支配するのです。

かつてあれほど嫌い、憎んだモラハラの加害者が
自分だったのかと苦しみなおしたりします。

もちろんそんなこと
あるわけがないと思いたいのですが。

 

人間脳は回復する

 

イライラする感情や思考を司る脳は
モラハラ夫と離れる事で次第に治り
子供に当たったりすることなどなくなります。

思考能力も戻ってくるように思います。

ストレスがなくなれば元に戻るのです

しかし
慢性的なストレスを抱えた場合は
回復できなくなります。

私は睡眠障害はほとんど回復しましたが
動悸や人と接することの恐怖は回復しません。

詳しくは下で話していきますね。

「本能を司る脳」哺乳類脳のダメージは回復するのでしょうか?

人間はストレスを受けると、
「人間脳」の部分は萎縮し
扁桃体という「哺乳類脳」本能を司る脳は大きくなります。

それは
思考や理性や感情のコントロールが効かなくなる一方
ストレス反応が過敏になったり
恐怖を強く感じたりするということです。

ストレス反応が過敏になるというのは例えばこんな風です。

モラハラ夫と関わる事はもうないのに
「スーパーの中で何を買おうか
何時間もたたずむ」

「スーツを着ている男性に異様に怯える」

「黒い車のある車種を見つけるとゾッとする」

これらは私に出た症状です。

感情、思考の脳の部分は回復しても
この、脳の本能を司るストレスや恐怖に対する
過敏な反応の部分は
ダメージが深刻な場合もあります。

モラハラ被害者のかたをがっかりさせてしまいそうで、とても言いづらいのですが

私自身、モラハラにあう前とあった後では

「ストレスや恐怖に対する過敏さが全く違う」のです。

明らかに精神的に薄弱になっていると
感じるのです。

少しのストレスが私には大ダメージです。
明らかに体力がないだけではない
エネルギー的な部分が変わってしまっています。

少しの車の運転がものすごく疲れますし
人と会うことがとても怖いですし
何か出来事があった日から2〜3日は寝込みます。

私は本能を司る脳のダメージとは知りませんでしたので
ただなんとなく

「対人恐怖症かな
シャバには戻れない
普通の仕事ができない弱ったな・・・」

ほどの認識でした。

人間脳の部分はだいぶ回復できても
本能の脳の部分は回復できていません。

海外ではこんな事例があります。
大地震で生き埋めになった後
何日後かに救出された女の子がいます。

奇跡的に無傷でしたが
その後、女の子の顔からは
精気が失われ
言葉が喋れなくなってしまいました。

ストレスから脳がダメージを受けているのだと
思われます。

脳の全回復はありうるのでしょうか

ごめんなさい

私にはわかりません。

ですが脳の病気と言われている
「鬱」は
実際治った方もいます。

その一方

長年悩まされている方もいます。

私にはあなたの状態、環境などわかりませんのでこうだ!とは言えません。

しかし

病気の前と同じ生活

とまではいかなくても

自分の生活の舵をっていけるくらいの力と
お金と気迫を取り戻したいです。

というか一緒に取り戻しましょう

自分の人生を取り戻しましょうね!

それにはお金が必要ですよね。
お金はいいですよね。

安心も安全も心も満たせますから。

シャバの生活ができなくたって
人に雇われなくたって
自由に自分の好きな時間で
怒られずに
バカにされずに

人にテキトーに利用されずに
大切な人に喜ばれながら
お金を稼ぐ。

これほど心が満ちて安心なことはあるでしょうか。

今はかせぎながら
生きていく術を実践しているので
ここでまたお伝えしていきますね。

ええさらけ出しますよ
いつもの如く。

では!

モラハラ被害者の特徴そのものだけど、人はそんな簡単には変われない!前のページ

熊田曜子さんの夫はモラハラ。「言い返せ」「別れろ」って?それがどんな恐怖かがわかるでしょうか?次のページ

関連記事

  1. ブチ切れるとき

    モラハラ男がした性的暴行の全容

    素直に優しく真面目に生きてきたんだけど(自分なりに)モラルハラ…

  2. モラルハラスメント

    モラハラからの対人恐怖症は治るのか

    さて進まないモラハラ離婚ですが弁護士さんを変えるという…

  3. モラルハラスメント

    今日はゴロゴロ午後は中学に進路説明会に。高校選びだけでも労力使うね…

  4. モラルハラスメント

    自分の軸

    仕事でした今日は貸しきりの歌の集いの人達で満席。しかも時間…

コメント

    • uesugimei
    • 2020年 5月 31日

    さくらさんコメントありがとうございます。
    嬉しくってなんてコメント返信していいのやらで戸惑っていました。

    吐き気は大丈夫ですか?
    休んでいる時も、心は休めていなかったりですよね。
    しかも何もしていないようで罪悪感があったり

    一歩を踏み出したことが本当にすごいです。
    そして
    私こそ、さくらさんのお役に立てたことで
    救われます。

    応援していますね

    • さくら
    • 2020年 5月 29日

    今まで見てきた記事の中で一番共感しました。

    離れたから平和にはなったけど、明らかに精神薄弱になっています。

    明日、新しい仕事の面接が苦痛で仕方なく、吐き気がおさまりません。

    すぐ泣いてしまいます。

    自律神経失調と数ヶ月前に診断されて、休んでいる間は楽だったのですが明日の面接を控えて症状が再発してしまいました。

    このきもちを分かってくれる人はどこかにいないかとネット検索していたところ、この記事を見つけました。

    書いてくれてありがとう

    救われます

    また、お邪魔します

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. モラルハラスメント

    モラハラは共依存?被害者が感じる究極の幸せとは
  2. モラハラ結婚

    モラハラ被害者が 義母や義父と関わらない方がいい理由
  3. モラルハラスメント

    心の傷
  4. カウンセリング DV治療 DV被害

    モラハラ家族と離れて|離脱症状と自由に困惑する 【別世界】で自分を取り戻したよ
  5. モラルハラスメント

    めんどくさい女
PAGE TOP