モラハラ脱出経験者が語る いかにしてモラハラの暴力から身を守るか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは〜カウンセラー画家上杉めいです。

あなたの身に起きていることが

マインドコントロールを伴う支配
=モラルハラスメント(モラハラ)だという暴力だと知ってから
どうやってその暴力から身を守るかについて
17年間軟禁生活を強いられてきたモラハラ被害者がお伝えします。

加害者は話が通じない人物だと身にしみていることと思います

何をどう 上手くやってもやらなくても怒られてきたことと思います

モラルハラスメントとは何か↓
こちらに詳しく書いてあります
https://koottasekai.com/post-1891/

加害者は普通ではありません。
外ではと〜っても良い人ですが
知らず知らずのうちにあなたの前だけで本心の大悪党ぶりを
はっきしていることと思います

(どうしてあんなに変貌できるんだろうね・・・
ちょっと気持ち悪いですよね・・・)

モラルハラスメント(モラハラ)の暴力から身を守るには

3D_Maennchen / Pixabay

なるべく接点を減らす です。
ターゲットになった以上
今までと同じではこの先もずっと同じことの繰り返しです

加害者は一生
自分が悪いと思うことなく
全てあなたの責任として
自分の暴力も正当化しますので
まともな家庭環境ではありません

安心であるはずの家庭の中で
モラルハラスメント夫に怯え
ごきげんを気にしにている状態は普通でありません

それを前提に

相手をなるべく怒らせず
(おこらせると怖いので)
その夫のままで
なるべく波風立たない雰囲気を作ります

モラルハラスメント夫に媚びるのではなく
あなたが大変良い人を演出するのでもなく

なるべく無表情で(表情がわからない方がいい)
怒っている風や機嫌が悪いような顔でもなく
何を考えているのかわからないけれど
弱くなくて敵対的じゃない顔を作りましょう

なるべく言葉も発せず
でもそれだと「怒っている!!」と難癖つけられる可能性大なので
言葉数を減らし
余計なことは話さない

あくまでも
モラハラ夫にとって害のある人物のような
振る舞いをしないでくださいね

あまり感情も見せず
好きなことや物 趣味 友達の話もせず
笑顔もあまり見せず
夫のいないとき いない場所で好きなことを
楽しむようにして下さい

急に変わると
モラハラ夫が異変に気付き怒り出すと思うので
じょじょに無表情
じょじょに無感情な人物になってみて下さい

将来のこと

モラルハラスメント夫とこの先も一緒に過ごす
ことを考えるとげんなりしてくることと思います
私はあの環境に戻るなら一日100万円もらっても嫌です

このまま正気でいれるのか
と思うこともあると思います

でも・・・わかっているけれど
様々な理由で別れられないのですよね

  • 先の見える モラハラ夫と一緒にいる苦しみ
  • 先の見えない未来に対する不安

比べてみたら
人それぞれ様々な考えがあるかと思いますが
夫と一緒にいることは絶対 楽しくないと言い切れます

だからと言ってこうしろ!!とは言えないけれど
今の夫と一緒にいる状態で
できることがあります

今のうちに不安要素を取り省いておくことです。
不安要素とはお金の問題です

モラルハラスメント夫はあなたの働くことに対して
または働かないことに対して
難癖つけてくると思います

働いても家事や子育てのこと
働かなかったら誰のおかげで食べていけるんだ?と責めたてますね

なるべく怒らせない態度で
なんとか働くことを始め
お金を貯めて下さい。

そのお金 食費に使えよな?
といってくると思いますが
出来るだけ取っておいて下さい

働いていても
家事や育児を完璧にやるように
あなたが疲れるように仕向けてくるかと思われますが
頑張りどころと手の抜きどころをうまく作って下さい。

夫の機嫌の悪いのは夫の責任です。

あなたは仕事場でも
夫が怒る顔しか浮かんでこず
「子供が夏休みには仕事を休ませて下さい」
と一見 自分勝手なことを言って仕事関係者を
困惑させてしまうかもしれませんが
支配下の元 その思考は仕方がないんです。

家族中心に考えなければ人間失格のように教え込まれてますので
仕方がないんです・・・

そうとしか言えません。
正しい 間違っているかと問われれば
正しいことをしているとは言えませんが
それしかできないんです

周りにはあなたがどんな環境にいようと
関係ないんですもんね

私 それで仕事を3度クビになりました
なんとか休みをもらって休みが明け 仕事に出たら
「もうあんたのいることろはない。」
って言われました。
確かに私のしたことは正しくなかったんですが
精一杯だったんですね。
「いかに夫を怒らせないで働かせてもらえるか」
しか考えていませんでしたから

懲りずにまた職を探して働くことを繰り返し
迷惑をかけまくりましたが
少しのお金がたまり脱出資金が貯まりました

お金はいざという時
あなたの身を守る手段になります。

  • 弁護士を雇う
  • モラハラ脱出
  • 賃貸契約

お金があって困ることはゼロです
絶対に夫にはわからないように
通帳は持たず
キャッシュカードは親や信頼できる人に預けておいて下さい

今 働け場合も
お小遣いや家計費から少しだけ
自分名義の貯金に回す
など一見 ずるく思えるかもしれませんが
わずかな貯金でもしておいたほう良いです

子供や妻には乞食のような生活をさせておいて
自分はスロットで30万円のお小遣いを使うような人物です
罪悪感を持つことはありません。

モラハラ脱出をした後で
私のようにうつになる人も多いと思います
お金がないと休んでもいられませんからね。

モラルハラスメント加害者は暴力を振るうことは稀です。
たかが外れ 暴力的になった時
その緊急事態がモラハラ脱出のきっかけになると思います。

普段から最低限大事なものは
リュックサックなどにまとめて置いておくようにしたり
(中身は夫に見つかっても大丈夫な言い訳のきくもの)
実家に置いておくようにして下さい

 

今からやることは
リュックサックに最低限必要なもの準備
できれば仕事
貯金の確保

です。

私 いまだに全財産をリュックサックに入れて
大事な書面は自分で持たず
どこかに預け
スマホで写真を撮っておく癖が抜けません 笑

今年 海にリュックサックを忘れてきたときなんか
死ななきゃならん・・・!と思ったほどでした

そんなこんなんで
いざという時
そして現在身を守る術をお伝えしました

 

長い文章読んでくださり
本当にありがとうございます。
毎日 訪問してくださること 本当に嬉しいです

でもね

でも面白い??
内容が重いモラハラのことだけに
面白くないですよね・・・
今 私は覚醒していて
自分の意識を自分でコントロールできるので
暗くどよ〜〜んとした抑うつ状態にはあまりいないので
もっと楽しく読んでもらえるよう努力しま〜す

またきて下さいね

 

PS…

モラハラ脱出して働いた先もモラハラ店長が居てました〜
このモラハラ美容院勤務中に
ヘッドハンティングしてくれた美容室お兄さんも
モラハラでした。
私がモラハラアンテナビンビンにたてていたから
誰もがモラハラに見えていたのではありません

私のモラハラ体質がホイホイとモラハラ加害者をおびき寄せたんです
よかったらどうぞ^^
とんでもないことをしでかすモラハラ被害者です

https://koottasekai.com/51283950/

 

モラルハラスメントからの脱出を決めたら読む記事です
脱出のための細かい準備や手順を書いておきました

https://koottasekai.com/post-67/

では・・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*