モラハラから脱出するための準備は粛々と 年金や保険や離婚手順について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンバンワ

スタバの高級濃厚ココアを飲んで吐きそうです。

高級品が口に合わない

上杉めいです

 

 

これから明日にかけて

モラハラ脱出に向けての記事を書こうと思います。

今日は準備するものと気をつける事と心構え

明日はモラハラ脱出当日についての話です

 

どこを調べても載っていないかもしれない

当事者にしかわからない話を書きますね

 

 モラハラ館脱出に最も大切な事

 

モラハラ館脱出を決めたみなさん

本当に怖いですよね

震える手足で 飛び出そうな心臓で

よく モラハラ環境を耐え抜いたと思います。

勇気は相当なものだったと思います。

 

モラハラ脱出に最も大切なことは

加害者にバレない ということです。

 

あなたの心や体を守る権利はあなたには当然あるので

誰がなんと言おうと間違っていたということはありません。

子供があなたのことを責めてもです。

 

先を見通してみると

もちろん 子供にとっても悪いことではありません。

子供が加害者の元に残る決断をしたとしても

あなたのいうことを聞かなかったとしても

子供の考えは子供のものです。

自分の意思を他人に伝えることができるのだと

事実を受け止めるのみです。

子供に脱出の決意を伝えることは

情報漏れや 子供の動揺からどんな動きを

とるかわかりませんでしたので

私は伝えないでおきました。

 

前日

伝えました。

子供2人は夫の元に残ることを選びました。

 

新しい場所で生活するということは

衣食住が必要ということですね

 

モラハラの場合

怪我を負うような暴力を振るうことは

稀です。

ということは

虐待されながらも

脱出するきっかけが掴めません

シェルター脱出も考えられないのですよね

どう 関係者に伝えればいいのか

わかりませんし、

説明してもモラハラの酷さをわかってもらうことは

難しいと思うのです。

 

脱出にあたり

たくさんの不安がありますよね。

冷静に

加害者と暮らし続け苦しみ続ける未来と

先の見えない不安

どちらをとるかです。

 

住む場所

そうと決まれば

まずは住む場所探しです。

ご両親を頼ってもいいですし

いろんな事情で頼れない場合

加害者の自由になる今の家に住み続けるより

一旦

他の場所に住む方が心の安全が図れます。

 

まず 不動産屋へ行ってください。

不動産屋に

事情を聞かれますが

夜逃げするというと

不動産屋が躊躇するので

「夫が単身赴任の間

 今の家が広すぎて・・・

もう少し狭い家でもいいので

今の家を貸し出そうと思うのです」

「絵を描くアトリエが欲しくて・・・」

などとお伝えください。

そして絶対に

夫に伝えないように

「この件は夫に一任されています。

なので連絡は私の携帯に・・・

メールで連絡ください。」

など絶対に夫に知られない方法をとってください。

 

私は事情を知られた不動産屋に

「どこへ行っても暴力夫は追いかけて

見つけ出される!!

お願いだから行き先を告げて

家を出てくれ!探さないでと

言えばいいから!!警察沙汰になるぞ!!」

と言われましたが

アホかと思いました。

ポンコツです。

いい人で私のことを思って言ってくれたのですがね

 

いろんな人がやっと決めた決断を 阻止します。

気にしないでください

 

家を借りるにあたって

揃えなければならない書類があります。

夫の運転免許証のコピー

源泉徴収など

淡々と 知られないように準備しましょう。

不動産屋から渡される契約書は

コインロッカーに移したり

実家に送ったり友達に持っていてもらったり

私が新たにお願いした不動産屋は奇跡的に

勘が鋭く

DVに理解のある若いお兄さんでした。

事情を言って

書類は写メを撮るだけにして

一時 不動産屋においておいてもらいました。

 

収入はパート代のみでしたので

ダブルワークをすることとで見込める収入を

計算しました。

 

保証人は兄弟になってもらいました

収入の多い妹がいて助かりました

ご両親は働いていないと保証人にはなれないようです。

保証会社(費用がかかる)と保証人の妹のタックで

何度か審査に落ちたものの

3回目くらいの応募で

家を借りることができました。

 

買っておくもの

新しい家にあらかじめ

冷蔵庫

ガスコンロ(その後またすぐ引っ越したので使わなかった)

無水鍋

トイレットペーパー

雑巾

箒を準備しました

テレビはいまだにありませんが問題ありません

 

ベットは寝心地の良い無印良品のベットを

持っていくことにしました

ぐっすり眠れ 元気になるベットです

この判断はとても良かったと思います

 

あとは

衣の準備

ですね

夫の家では 箱に入れ替えることなく

バレないように頭の中だけで準備です

実際に用意できるのは

脱出当日 夫のいない間です。

頭の中で

このあたりのものを持っていく

と想像しておきます。

 

引越し屋さんには伝えておくといいです

最近は夜逃げによる引越が多いようで

近隣への挨拶もどうするか

 

営業で家に来るとき

遠くの場所に営業車を置いてくれたりなど

配慮してくれます。

いついかなる時も

バレないことに細心の注意を払います

なぜだかわかりますか?

そうです

あの人は

話し合いにもならない相手ですし

相手にしてくれないですし

一人でおられませんし

世間的な地位が下がってしまうから

全力で阻止にかかるからです。

 

 

重要書類の準備

次は重要書類の準備です

必ず

自分名義の通帳

保険証(子供が脱出予定ならそれも)

学資保険などの証書

あなたの生命保険や医療保険の証書

あなたの年金手帳

は持って出てください

夫の通帳のコピー

(最新の金額欄と

通帳の表とその裏の口座番号など載っているページ)

 

現金

現金で生活用品 食料が買えるように5万円ほど

引越し屋に払うもの6万円くらいでしょうか

11万円くらいを用意しておくといいです

 

一般的に婚姻状態にある場合

夫の通帳を持ち出しても問題はないようですが

お金に異様な執着のある相手の場合

どう言ってくるかわかりませんし

何をするか予想がつきません

家具も相手の家のものは手をつけない方がいいです

あとは

その日が来るのを

冷静に待っていてください

 

その時が来たら盛大に動けるように

パワーを貯めておいてください

私の時は

少し楽しみな気もしたし

自分が脱出などを考えて

行動していることが夢のように感じていました

 

 

ここにまとめたものを書いておきますね

 

  • 自分名義の貯金
  • 不動産屋に行き 家を借りる
  • 夫の通帳の最新の貯金額のコピー(不動産書類と一緒にコインロッカーへ)
  • 夫の株などの財産の証明の写し(不動さん書類と一緒にコインロッカーへ)
  • 頭の中で持っていく服の用意(なんとなく固めておく)

普段から固めておいておくようにする

  • 通帳 保険証
  • 子供の学資保険
  • 自分の医療保険
  • 自分の生命保険
  • 自分の年金手帳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 応援してます!ではまた

 ▪️カウンセリングをご希望の方はこちらから

DV モラルハラスメント マインドコントロールなど 深い心の傷を回復をするカウンセリング – 凍った世界

■インスタグラムurl

https://www.instagram.com/mei9260

 

 

■BASE

カウンセリングの活動資金にさせていただきます

mekkukun.thebase.in

 

■ツイッターのアカウント

@meiuesugi

 

上杉めいとは

 

モテ人研究会会長

もと美容師

画家 

カウンセラー画家など数々の異名を持つ。

 

 仕事による人間関係の悩みは

こちらのカウンセラーへ。

悩みの解決方法を一緒に探してくださる方です

カウンセリングルームは神奈川県の平塚です

ameblo.jp

 

 

無料メール講座のお申し込みはこちら↓

www.koottasekai.com

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. kyoko より:

    当時のことを思い出します。
    よく切り抜けられましたね、読んでるとあの精神状態で出来たことがすごいです。
    脱出は準備万端が鍵ですね。
    今から考えられてる方にはすごく参考になると思います。

コメントを残す

*