【モラハラ】加害者から見たターゲットはライオンから見たシマウマ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはーカウンセラー画家上杉めいです。

悲報です。私たちモラハラ被害者であるターゲットは
モラハラ加害者から見たら何をしても許される相手、
ライオンから見たシマウマそのものだよ

という話をしていきます。

これを聞けば自分たちがなぜ、

モラハラ加害者からひどい仕打ちを受けるのかが
わかります。

最近私は、ライオンやワニやヒョウが動物を捕食する動画をよく観ています。

きも!こわ!サイコパス!?という批判ははさておいて
なぜ観てるかというと、これ、人間関係にも言えるんじゃない??
と思えることがたくさんあるからです

どの動画も

ライオンやトラやヒョウが
大きく、大きな角を持って、筋肉もりもりのバイソンや象に向かっていくことは稀で
ほっそりとしてキシャな可愛い動物を追いかけ捕食します。

たまに空腹に耐えかねたライオンがバイソンに向かっていって
首に牙をたてたとしても
猛スピードで振り落とされて角で刺されるか、
助けに来た仲間に
腹を串刺しにされて宙に舞う羽目になるかです。

ほぼ大体がそのパターンで
群れでたくさんいる草食動物の中でも
小さくて可愛くて細い動物に決まって狙いを定めます。

その細くてきしゃで可愛い動物が、私たちだとします。

いやいや、私は細くないですよ、ですよね?

モラハラのターゲットは
「我慢強くて、報復しなくて、自分にとって害にならない人」です

ライオンはシマウマを捕食しますが

モラオは私たちを食べません。

その代わりターゲットの心をズタズタにし、自分の力を誇示します

一度ターゲットだと認識すれば何をしても、何を言ってもいい人物と認識されます

ライオンが同じ生き物を食べ物とするのと一緒です。かわいそう、こんなことをしていいのか?と
罪悪感にくれることなんてありません。
当然のことなのです。

モラハラは何をやってもどんなふうに扱っても許されると思っていますが、
暴力などで怪我を負わせることは自分が不利になることは分かっています。
言い逃れができない、責任を負わなければならない証拠を突きつけられたら
モラハラは苦しくて死んでしまいます。(本当はとても弱い人間です)

死に物狂いでターゲットに非があると思い込もうと、
または世間の目を自分を被害者だと仕立て上げることに
死力を注ぐのです。

モラハラの真髄として

被害者が自分自身をモラハラだと思い、加害者が自分が被害者だと本気で思う構図があります。

真のモラハラ加害者はシマウマの皮を被ったライオンです。
芸能人だと
「清水章吾さんがDVをしたと報道された後、自殺未遂した件」
そのものです。

世間の人々は清水章吾はDV男だ!という評判から
ころっと変化して
清水さんがかわいそう!!奥さんが酷すぎる!!
どうか回復されてくださいという意見ばかりになりました。

理由は元奥様のハルマンさんが鬼嫁で
犬の餌を清水さんに食べさせていたこと、掃除を徹底させていたことなどが
昔、番組の企画で放送されたことから奥様が鬼嫁であると認識されたからです

ハルマンさんはそれは「清水さんが考えた事実無根のシナリオによって
演じさせられていた」と言っていました

そして、清水さんに家の権利を放棄させ、離婚届を突きつけたとされています。

どちらかが本当のことを言っており(多分)
どちらかが嘘を言っていてシマウマの皮を被ったライオンなんですよね

DV受けてた人が、トランクを借り清水さんの荷物を勝手にそこに入れるか?
とか、家の権利を譲ってもらうように話すか?とか
ハルマンさんは卑屈な嫌な顔していて、清水さんはみんな誰もが
優しくっていい人だと言っているよなど、テキトーな言いたいことを言っていますが、

DV被害にあっていた人だってここぞというときは自分の身を守るため
強行な手段に出る時があります。

加害者が出て行かざるを得ない状況を作ることもあります。

DV加害者はいつもストレスを家庭で発散できているので
すっきりしていて優しい、いい顔をしています。
被害者は日頃虐げられていることからいくらだって卑屈な顔になります。

これは過去から現在まで私の顔をずっと見てきた母が確認済みです。
モラオはすっきりして穏やかないい顔してた。
あんたの顔は疲れていて酷かったと言っています

また顔でしか、生活を伺う方法がなかったとも

私はエピソードを聞く限り、真の加害者は清水章吾さんで
真の被害者はハルマンさんとお子さんである

と思います。本当のことは当の本人たちにしかわかりません。

そして世間の声は
私たちがよく受ける2次被害そっくりです

 

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. uesugimei より:

    早川さん、密室でしか行われない弱肉強食は卑怯ですよ〜
    私たちみたいな嫌な思いをする人が減ってくれたら良いですよね

    はてなブログからこちらに移行したら
    訪問者がガックリ減ってしまって続けるのやめようかなと思いつつ
    このブログ書いています。
    いつも絶妙なタイミングで励ましていただいて
    本当に嬉しいです

  2. 早川成海 より:

    このブログもとてもわかりやすかったです。
    なるほどなるほどと思いながら読みました。
    モラオは外面がいいから。
    当事者の受けた傷はなかなか信じてもらえないで2次被害を受けるんですよね。
    家庭という密室だからこそおこってしまう
    弱肉強食みたいな世界ですよね。

    ブログ続けて応援してます。
    多くの方の苦しみから救う手となるように。

コメントを残す

*