【モラハラ】「私が悪いの」は相手の手中だよ。モラハラ手法を知りましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはー。カウンセラー画家上杉めいです。

今日はモラハラ加害者と別れた後も
「自分が悪かったんだ。」
「悪いところがあったんだ。」
「もっと頑張れたんではないか。」
「子供に辛い思いをさせてごめん」
と自分を責めて苦しんでいる被害者の方に
加害者の暴力を許さなくていい理由をしっかりと説明していく。

なぜ私がこんなことを言うのかというと
私自身、モラハラ生活で17年の軟禁生活を送り
生活を破綻させ子供とは離別し
脱出後も心身症状が出て動けなくなったのでモラハラについて勉強しまくったからです。
身を以てモラハラはどんなものなのか19年勉強しております
なので結構参考になると思います

まずある芸能人のDVの事例を出しますね

モラハラ、DVの事例

写真もだすので嫌な人は飛ばして読んでくださいね。
この向かって左の女の子の虚な表情に心が締め付けられます。
暴力のわかる決定的な証拠写真ですね

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200107-00601558-shincho-ent.view-001(出典・YAHOO JAPANニュース)

まずここにうつっている向かって左側の女の子は
ある芸能人の娘さんです(母の連れ後で母の結婚後、養子になった)。

その女の子をKさんとします。Kさんの話によると
結婚した芸能人と母との間にできた子供とは差別されて育ったようです。

小さい頃はこの写真のように髪は刈られていたので
いつも髪は短くボロボロ。学校ではいじめにあっていたようです。

このどんぶりの中に見えるピンクがかったものは三角コーナーの残飯と家族の食べ残し
そこにタバスコや調味料を加えたものを、床で食べさせられていました。

水風呂に入るのは当たり前。
家事に難癖をつけ、殴るけるの暴力
住んでいたアパートは芸能人であるSの母の支払い。
Kさんの妻は生活費はもらえませんでしたから
お願いをすると殴るけるの暴力を受けました。

警察が家に来たことは何度かあります。

学校でいじめられていることをKさんに聞き出したSは
「橋の下で拾ってきたようなクソガキに友達なんかいらない!」
と言い放ちました。

くそエピソードですね。
モラオあるあるなのですが人の不幸をとても嬉しそうに喜ぶんです。
私が怯えながらお昼12時ぴったりに作って出した大盛りにしたおかずに
でかいハエが「こてんっ」と入った途端、モラオが世にも奇妙な気持ち悪い顔で
大笑いして、私は本当にびっくりしました

こんな人が世の中に存在するのかと不思議に思ったほどですが
そんな時に私が真っ先に感じたこと
「夫に怒られなくて助かった・・・命拾いした」でした。

他のモラハラ被害の事例もここに載せておきますね

植松聖被告は【モラハラ】自己愛性人格障害だとしたら言動の辻褄が合うよ

 

DV、モラハラが残した傷痕

Kさんは中学生の時に遺書を書いて家出をしました。
そして首吊りで自殺未遂もしました。
今も顔に学習机の引き出しで殴られた傷跡が残っています

Kさんの母は最近、Sさんと離婚が成立しました

しかし家から出て行ってくれません。
Kさんと母は部屋に鍵をかけるなどして怯えて暮らしています

 

モラハラ、DV加害者の言い訳

「虐待に見られても仕方ない」

残飯を食べさせていた→
なーにそれ!とんでもない。何作り話してんの

Kさんだけ床で食べさせていた→
ないよない。誰が言ったのそんなこと
どうしてそんなこと言うんだろう、あの子は

警察に念書を出した?→
それは事実だよ

では警察は暴力を認めた?→
言葉の暴力です。だったら僕も言いますけど、ずっと僕に金銭的なプレッシャーをかけてますよ。働かなきゃ、働かなきゃって。これは言葉の暴力ですよ

Kさんの髪を根本から切ったの?→
ないよそんなの

学校でいじめの話を聞いて喜んだ?→
嬉々としてなんかないよ。あなたが悪いんじゃない?って言っただけ

虐待してたのでは?→
そう見られても仕方ない。犯行ばかりするからダメだよって言いながらこう
(手を振り下ろす仕草)

Kさんはトラウマになっているようですが?→
トラウマはこっちだよ。あのこを引き取らなかったらよかった

Kさんを折檻した?→
折檻なんかしてないよ。再婚して引き取って育てるのってどれだけ大変か
あなたは評価してないんじゃ。言うことを聞かないから折檻するんですよ」

なぜ殴った?→
言うことをl聞かないからだよ!皆だってそう言う時あるでしょ?
殴ったのは問題じゃない。大人になるためにやったことで

家を出る気はある?→
お金がないんですよ!!

この青い字と赤い字は責任を転嫁してしています。

これぞモラハラ手法です。

モラハラ、DV加害者の言い訳はいつもこうです。
「相手が悪いところがあった」
「教えてやってる」
「嘘をついてる」
「世間一般でもそうだろ?」

ターゲットを、もはや人間扱いしないのです。
「何をやっても許される
いや、許されるというより
僕が暴力をふるいたくなるのは、当然の相手だ
なぜならこんな被害を受けたから。」

と平然と言って退けます

 

ひどいのは殴るけるの暴力だけではありません
言葉の暴力でもありません。精神的被害です

 

モラハラもDVですが暴力を伴うことは稀です

しかし体への暴力と同じくらいひどい暴力だという理由は
支配関係の上で気持ちや行動を支配しているところです。

例えば「僕は怒っちゃうとどうなるかわからないからな。」
という脅しの意味を込めた態度、言動です

モラハラ被害にあった人が被害が大きくなるまで気づかないのは
証拠がないので他人に訴える術がないこと
周りの人の無知
暴力がないので「今出てこう!」というきっかけが掴めないので
長期に及ぶことです

 

そのモラハラDV加害者の末路は

離婚後も元奥様に介護保険料6800円が払えないと泣きつき家から出て行かないでいるみたいです。

暴力をふるい散々蔑んだ被害者のもとに
よくぞまあいれるものですね。
悲しすぎるのですが一度ターゲットになってしまったら
加害相手は何をしてもいい相手と思っているんです。

ちなみに現在このもと奥様とKさんは画家で生計を立てています。

よく精神世界のスピリチュアル系や宗教などで聞く
「悪いことをした人は悪いことが返ってくる」
という言葉なのですが
実際は、「モラハラ加害者に悪い末路がある」とは私は思えません。

なぜなら加害者は「自分が悪いことをした」と反省することは一生ないと思うからです。心の底から自分が被害を受けたと思っているからです。
加害する状況に相手のせいでなったと本気で思っています。

「悪いこと」という認識がないので悪いことは返ってこない

これが答えです。
もちろん間違った認識なのですがまともな相手じゃないので
離れることが賢明です

では!

モラハラをガツンと知りたい方はこちら
モラハラをどこよりも詳しく説明するよ

お問い合わせ

◼️下記のお問い合わせフォームから

またはツイッターのダイレクトメールから

簡単な相談内容を送ってください。

気分次第で返信しますね

(お返事の遅くなる場合もあります)

◼️DVの辛く苦しい状態から立ち直るまでの過程と今現在の様子

https://koottasekai.com/entry/2019-08-25-dvから抜け出す→さらなる落ち込み→覚醒

◼️プロフィール

元美容師。

モラハラ環境(軟禁状態)から19年してから脱出。

2人の子供(一人は離別)

現在 画家 DV専門カウンセラーとして活動。

モテる人の研究が好き。

趣味で ゆるミニマリストな生活を始める。

DV地獄から救い出してもらった経験と

加害者、被害者の心理 生育環境などから心を立て直し

被害者の先の生き方をどれだけワクワクするものにできるか

奇跡を一緒に計画する。

◾️DV被害者の自分を大切にするための方法

無料メール講座のご登録は

https://mail.os7.biz/add/Aoa5

■インスタグラムurl

https://www.instagram.com/mei9260

◼️BASE 上杉の描いた絵画

カウンセリングの活動資金にしています

mekkukun.thebase.i

◼️ 仕事による人間関係の悩みは

こちらのカウンセラーへ。

悩みの解決方法を一緒に探してくださる方です。

ameblo.jp

nbsp;

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*