【期待】は人を救われない でも【行動】は人を救うよ という話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

カウンセラー画家上杉めいです

「怒りは絶望を忘れさせてくれる」
誰の言葉か知っていますか
映画 ターミネーターのシュワちゃん ショワちゃん?の言葉です
妙に印象に残ってます

さてアホだと思われたところでもう1つ

シュワちゃんが州の代表になるなんて
ムリゲーだよっと妙に上から目線で考えていた自分が
あんた何様だよって思います

アホな上に上から目線の私ですが
妙な行動力のおかげで救われた経験と
期待して撃沈した
行動してから変わったことを書いていく

長年生きていくことは
それだけで言葉に箔が付く
いいこともありますね。

ではまず

期待して報われずどん底に落ちた話から

これは私の母の子供時代の話です

貧困家庭の母の両親は
出稼ぎでマッサージの仕事で地方に行っており
子供時代はおばあちゃんと子供3人(母+おじ+おば)で暮らしていました

クリスマスの日
母は「今日はクリスマスなんだから
お母さんからケーキが送られてくるはずだ。」
と期待し首を長くして待っていたようです

ですがどんなに待ってもケーキは届きませんでした
辛くて惨めで悲しかったそうです

この話を聞くと
子供時代の母がかわいそうでこっそりと号泣してしまいました。

冷静に考えると
「期待度合いが大きいから
それが叶わなかった時落ち込んだ」んだとわかります

クリスマスだからケーキが送られてくる
と過度に期待し
それが裏切られた子供心はそうとう辛かったんでしょう

 

もう1ついい例があります
私が 変にモテて女の子にいじめられた時の話

元夫(モラオくん)と中学校の同級生でして
モラオくんはブサイクなのにモテモテでした

モラオくんと仲のいい私をみて
クラスのジャイアン的存在のA子がブチ切れ
椅子を投げ
バスケットボールをものすごい力で投げたのが
頭に命中しました
たくさんの人が見ていました

ショックで夢だと思いたかったです。
その時から家に帰ってもずっと放心状態で
超真面目で良い子だった私は
親にも相談できず
次の日も普通に静かに学校に行きました

そこではこんな噂がたっていました

「めいちゃんが大泣きしながら帰った
相当怖かったんだろうね。」

と。A子が言っていたと友達だと思っていた子がお教えてきました
(わざわざいらんのにね)
友達だったと思っていた子が離れていき
モラオ元夫も 保健室の先生も
クラスの担任も
誰も助けてくれませんでした。

今思えば
友達なら 仲良しなら助けてくれるという期待したから
その後のショックがあまりにも大きすぎたんだとわかります。

モラオに結婚後愛されていない
ただのストレスのはけ口にされているんだと知った時の
ショックも半端なかったです

人を信じることをやめた私は
人と関わることが怖くなっていきました

今もそうですが

ある日勇気を振り絞って
モラハラ館を脱出する行動をとった時から
変わり出したことがあります

 

  • 応援してくれる人が現れた
  • 自己肯定感(自分の考えで動いても良いんだと思えること)
  • 言葉に強さがあると言われる
  • プラスに向かう行動力
  • 努力を継続する力(自分の行きたい方向へ)

 

なんか簡単に聞こえるけれど
すごいことだと思う

なかなか生き方は変えれないけれど
自分の強い意思で行動すると 変えていけるもんですね

失敗もします

動いていない時に比べて
動いた分だけ
声を上げた分だけ
失敗も増えます

世の中終わった・・・

ってことも何度かありました

夫の暴力からの脱出を伝えると
心療内科の先生に
「脱出するのは諦めなさい」と言われました

暴力で怪我を負った時に行った整形外科の先生に
「夫を恨むのはやめなさい」と言われました

友達と思っていた人に
「めいちゃんはずるい」と言われました

でも

死んではいないんだから
まだゲームオーバーではないんですよね

やらないよりは
挑戦して失敗して
何度でも挑戦してそれで良いと思います

無難ですもん。

動かない人は動けない理由を探して
そうやって 一生終わっちゃうかもしれない

自分の人生なんだから自分で決めて良いんですよね

でも
不平不満を言ってる時間があったら
言い訳している時間があったら
行動して
前を見た方が良いと思うよ

偉そうに
ごめんなさい

応援してくれる人がいなかったら
私が応援する人になります

ツイッターや
コメント欄から連絡ください

 

人に必要とされることは
生きてる実感になるよ

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*