うつ中の女性のメイクはどうしたらいいか

今日はうつと女性のメイクの関係についてお話しするね

メンタリストDaigoさんのユーチューブの話では

女性がメイクで印象が良くなる確率ときたら

男性からとったら2パーセントくらいだそうです。

カリフォルニア大学の学生の研究した結果だそうです。

メイクにお金をかけたり

時間をかけたりするのは

ほぼ意味がなく、

たくさん寝て肌の状態をよくするとか

スキンケアの方に時間をかけたりして

若々しい肌を保って

素肌がキレイな方が

効率がいいという結果です!!と

分析されてましたが・・・

 

言わせて言わせて。

そんなことは嘘であります

男性たちは完全に騙されております

メイクでいくらだって

元から素肌がキレイに見えるメイクをすることが

女性にはできます。

ただ目をでかくしたり

まつげを上にあげて伸ばしたり

ない眉毛を付け足したり

鼻に影を入れるメークでなく

つるんと清潔な厚塗りではないメイクをすることが

可能なの。

 

私はアパートに越してきてから

うつになり

仕事も辞め

人に会う機会も減り

メイクをしなくなりましたが

ノーメークでスーパーに行った時と

たまに調子が良くて

ナチュラル素肌を作り上げてスーパーに行った時

爺さんの視線でさえ明らかに違います。

雲泥の差です

老若男女 若い子が好きですよね^^

若いお父さんなどは

メイクをしているとものすごく優しく

こちらを意識してくれているのがわかります。

(私、心臓が痛くて胸を押さえているから)

 

メイクをしないで電車に乗った際は

フラフラ立ちくらみしている私は

(立っていると立ちくらみがするの。

まあこの行動が変な人に思われるんだろうけどね)

おじさんかお兄さんが背負っているリュックサックで

ぶっとばされた経験もあります 笑

私はお気楽者なので笑ってしまいましたが

普通の女性なら

きゃーっ くらい叫んでいたかも。

 

だから上手に素肌がキレイに見えるように

メイクをして出かければいいのですが

うつ中にメイクをして出かけることが

どれほどめんどくさいのかは

ここに書いた通り

www.koottasekai.com

 でね

Daigoさんの外国の研究の結果によると

男性は女性のどこを見ているかという問いに対し

男性は自然と女性の口しか見ていない

他のところのメイクを頑張るより

唇のメイクだけを頑張ればコスパが良い

上唇と下唇の比率が1対2だ

上が1で下が2の比率だとおっしゃっておりました。

ノー!!

笑った時でしょ?それ 笑

真顔では1対1でしょ?

1対2の真顔ってまるでなんだっけ

あのムキムキ男のランボーの

シルヴェスター・スターローンくらいのボーリュームよ。

 

言いたいことは

素肌がキレイに見えるようにメイクして

できたら口紅をキレイにつけて

出かけましょうってことです

非常に面倒だけどね

絶対こっちの方がみんな優しいし

あなたが得するよ。

メイクの仕方はまたこちらにあげますね

元 メイクの大好きな美容師だから

ちょっとは知識があるんだ

 

では

無理しないように頑張ろう^^

 

 

 

 

夜な夜な騒いでいる若者を見に行った結果前のページ

好かれて愛される女性になるこつ次のページ

関連記事

  1. モラルハラスメント

    鬱病の毎日の暮らし

    レクサプロの効き目がちっともわかりません・・・いや高い…

  2. 鬱病のなぜ生きるのか?

    今日はとてもくたくたです そして3日間眠れないでも起き上がって…

  3. 後悔のない人生を送るには

    先日 おばあちゃんが亡くなった本当に大切な大好きな人だった。ほとん…

  4. モラルハラスメント

    鬱病の人の生きている意味を考えた

    生きるということについて書いていこうと思う人間にとって全人類に…

  5. 鬱だと自由なのに孤独なんだ

    こんばんは。指先の関節が鈍く痛いです。これって鬱の症状?w変なの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. モラルハラスメント

    モラルハラスメント男からの離脱の為に必死です。
  2. モラルハラスメント

    これでいい
  3. モラハラからうつへ

    モラハラ夫の仕掛ける保険証の罠にメンタルを壊す
  4. モラルハラスメント

    うつなのかどうか自分で調べる方法
  5. モラルハラスメント

    モラハラによるマインドコントロールを受け続ける女
PAGE TOP