築50年の団地の掃除と美しく見えるコツと キレイを保つための家族の協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんわ 

カウンセラー画家 上杉めいです

今日は築50年の団地の掃除について書いていく。

 

 

ここで

団地あるあるネタをちょっと

  1. 網戸なし
  2. 照明をさすプラグはあるが電気のスイッチなし
  3. 畳は 前回の方が新しくしてくれてある
  4. 襖は前回の方が綺麗にしてくれてある
  5. カーテンレールなし
  6. エアコンなし
  7. 玄関の照明はオンボロなのがついているのだが使えない
  8. 押入れの中はチリや汚れが激しい
  9. 風呂の扉の外はコンロ 脱衣所がない

 

築50年ってことは

50年前の生活が垣間見えます

 

さて

これからやることは

網戸は入れればいいでしょ

照明はリモコン付きのものに買い替えないと

畳はいらないなあ

襖も使わないw

そこよりカーテンレールや網戸が必要よ

エアコンないし網戸がないと夏やばい

オンボロ使えない照明はいらないよ

紐がぶら下がっていてぽちぽちって引っ張る電気用の部屋の構造

押入れにペンキ塗りたいけど 返すときに原状回復だからだめ

 

やることいっぱいだけれど

とりあえず掃除からですね

 

先日から掃除に出かけ

なんとか綺麗に見えるようになりました

こんな感じ

間取りは3K

f:id:mekkukun:20190923211827j:plain

 

キッチンに昔からの黒い油汚れがこびりついているので

どんなにかじっても落ちなくって

ここまでで一日かけ

また別の日

いろんな洗剤を振りまいて

水をかけてラップでふやかしました

f:id:mekkukun:20190923211903j:plain

いつか拭き取りに行きます。

使った洗剤はこちら

f:id:mekkukun:20190923211850j:plain

 

カネヨの洗剤はとても安いですが

ステンレス 鉄を磨くと本当にピッカピカになります

 

家が綺麗に見えるコツ

キッチンの蛇口などの光り物が綺麗だと

それだけでとっても家が綺麗に見えるんです

 

しょろしょろしているところ母から電話がきました

 

驚異の家族

「あんた あの〜 あれ

あれだから」

これは合言葉みたいなもの 笑

 

「A(弟)の家からカーテン取ってきたからね!

あんた使いなよ」

 

「まさか!!あのカーテンw」

 

「そうだよ!文句ある?w」

 

と元気に答えた母の言うカーテンがこれ

f:id:mekkukun:20190923211805j:plain

どうやら弟の家に取り付けたのだが

持って帰るように 催促されたらしい。

 

星の中に虎が麗しい顔でこちらを見てる

ショッキングピンクのカーテンだ。

弟が車椅子で

思うように動けないので 母のセンス満載の弟の家・・・

 

これも 怒らせないように お断りしよう

 

同時に

妹に家の保証人のお願いをしたところ

この返事

f:id:mekkukun:20190923213313p:plain

「はいはーい」

「ホイホイっ」

「RYOかい」

「オッケーオッケー」

で保証人になる妹・・・

 

ショッキングピンクのカーテンの家に住む弟・・・

 

1日の時間のほとんどを 迷子になっている姉

 

とんでもない兄妹に加え

その母親ときたら

大雨の日に 傘をさしながら

外の植木にジョウロで水をやっている。

好きな言葉は「合理的」

 

 

では!

 

 

 

 

 ▪️カウンセリングをご希望の方はこちらから

DV モラルハラスメント マインドコントロールなど 深い心の傷を回復をするカウンセリング – 凍った世界

■インスタグラムurl

https://www.instagram.com/mei9260

 

 

■BASE

カウンセリングの活動資金にさせていただきます

mekkukun.thebase.in

 

■ツイッターのアカウント

@meiuesugi

 

上杉めいとは

 

モテ人研究会会長

もと美容師

画家 

カウンセラー画家など数々の異名を持つ。

 

 仕事による人間関係の悩みは

こちらのカウンセラーへ。

悩みの解決方法を一緒に探してくださる方です

カウンセリングルームは神奈川県の平塚です

ameblo.jp

 

 

無料メール講座のお申し込みはこちら↓

www.koottasekai.com

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*