東野圭吾の小説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と文学少女でして
若かりし時に身に付けた斜め読み
で小説を読むのです

ちゃんと読めてないから
何度でも読み返せる(^ー^)
いぇーい。

東野圭吾の小説 時生
すこれ最高ですよ♪
読み始めてすぐ

絶対に昔 読んだことある!
なんとも不思議な気持ちに。

時生の話も過去や現在が時空を超えて
今が過去なのか未来なのか分からなくなる
そして
懐かしい気分になる内容なんですね。
小説の内容と自分の今の気持ちが
がっちしてるのですよ
まあ 感化されやすい性格だけれども
なんとも不思議~
(・・;)

たまにね
こう生活してて
ぁあ…これ昔もやったなって
思うことを現在進行中でしててね
よく考えるとありえないハズなのね
例えば 
この人と昔も
この公園のベンチで話したっけな~
って
でも
その方とはつい最近の知り合い
子供と昼下がりにクッキー作ってて
昔も同じようにやったな~
ってこの子はまだ生まれてない…
あれ??^^;
おかしいなあ がやたら多い。
最初は まあ気のせい気のせい
で済んでたけれどもね
こんな頻繁だとね
今と昔の時空間がつながっていて
今は現在なのか過去なのか
もう分からなくなるのです(・・;)
ちょっと盛りすぎか(笑)

人に言っても
変なヤツと思われるから言わないけどね

世の中は謎に満ち溢れてるのですね(*^_^*)
そんなことを考えた今日この頃でした

読んでくれてありがとうー♪
ではまた!(。・∀・。)ノ
IMG_20140129_075820

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. めっくくん より:

    コメントありがとうございます。
    花やしきでまってる! 
    感動ですよね。(^ー^)
    明日だけが未来じゃない もいい言葉です。
    今を一生懸命生きたくなりますよね(#^_^#)

  2. 神崎和幸 より:

    こんばんは。
    自分も「時生」読みましたよ。
    いい作品ですよね。
    最後の一行、あの終わり方が本当に良かったと思いました。
    「明日だけが未来じゃない」
    このセリフも本当に良かったです。
    確かに世の中は謎に満ち溢れていると思いますよ。

コメントを残す

*