加害者の特徴

モラハラ夫の不思議 どうして離婚してもなお幸せそうなの?

私、よく思うのですが

モラハラ加害者はターゲットに
めちゃくちゃな
犯罪紛いのことをしておいて

ちっとも悪い事態が起きない。

因果応報じゃないんじゃない?

バチが当たるんじゃないの?

これって何かおかしくないって思いませんか?

 

知っていますよね

モラハラ被害にあったことがある人は

相手は最悪であること。

うま〜くすり抜け

何もなかったフリをして

善人の皮を被って何食わぬ顔で生きています。

悔しいというより
仕返ししたいっていうより
理不尽だなって思うのですよね。

だってモラハラ被害にあった時から
それだけで終わりではありませんよね。

まるで時が止まってしまったような
いつまでもモラハラを受けていた時の
気持ちから抜け出せないで
苦しいですもん。

でここでお伝えするのは

モラハラ夫(加害者)に仕返しする方法

ではありません。

あなたにこんな最悪なことが起きた意味。

モラハラと出会ってしまった理由を

エネルギーの流れという観点から見てきますね。

エネルギーってっっw変に思われそうですが
この世の中は全てエネルギーでできています。

水も酸素も電気も感情も物も食べ物もエネルギーです。

ですから怪しいと思わず
ちょっと耳を傾けてくださいね。

エネルギの観点から捉えてみると
私たちは「媒質」です。

媒質とは本当の意味は

「ある作用を他の場所に伝える
中立となる物質や空間」

です。

イメージとしては、部屋の外から
太陽の光が入ってきたら、
窓ガラスを通って中に入っています。

その窓ガラスが媒質となります。

あるいは、どこかで花火が上がっていて
後からその音が「どっコーン」と
聞こえてきたとします。

その花火の音は遠くから
空気という媒質を辿って
あなたの耳に届いたのです。

なので、もっと簡単に媒質を
定義しなおすなら、

「何かを何かに伝える役割を持つもの」

ということができます。

なので例えば、夫が言った言葉を
貴方が子供に伝えたとします。

すると

「夫→あなた→子供」

この時あなたが夫の「媒質」となったことがわかりますよね。

今のはあくまでも言葉ですが、
言葉以外でも全てのことで
私たちは「媒質」の役割を持っています。

例えば夫がイライラして
その感情をあなたにぶつけてきたとします。

その感情(エネルギー)を受け取ったあなたが
無意識のうちにイライラしながら子供に
その感情を伝授させてしまいます。

そしたら

 夫⇨ あなた ⇨ 子供
    (感情) (感情)

感情の媒質となります。

しかもここで厄介のなのが
さっき挙げた例は子供の一人だけですが
実際にはたくさんの人に広がります。

夫からあなたがイライラを受け取ったとします。

そしたら、あなたは子供だけでなく
何人、何十人という人々にそのイライラを
伝授させてしまうということです。

つまり、拡散するのです。

イメージとしては、ガソリンを燃やして
有毒ガスをボフボフと空気中に撒き散らしながら
走っている車のようなものです。

で、エネルギーというのは絶えず
この宇宙空間を循環しています。

なのでもし、私たちが悪いエネルギーを
この宇宙に拡散、撒き散らしていたら
それが大きくなって自分に返ってきます。

それが仏教の縁起の考え方です。

もし本当にそうで、
もし私が
モラハラ環境で暮らしていなかったら
今頃離婚をしていませんし
子供たちともお別れしていません。

ということは真面目な家庭の妻として
一家の家事を担っていたかもしれません。

そうなったら今頃モラハラについて発信なんて
していませんでした。

モラハラ被害カウンセリングとも
であっていませんでした。

そうしたら、さらに、今頃
このブログを書いていません。

皆に、モラハラのお伝えはできていません。

つまり、全ての細かい出来事が
つながっているという事です。

縁起です。

なので

「エネルギーは循環している」

という話をするとどうしても
怪しい、おかしいと思われるのですが

別におかしくなんてありません。

当たり前のことを
話しているまでです。

そうやって、私たちは「媒質」として
この宇宙に存在しています。

であれば、他のものから悪いものを
受け取ってしまったとしても、
それを悪いままで拡散してはいけません。

夫からイライラを伝授されても
それを媒質である私たちが変換して
子供やその他の人には良いエネルギーとして
拡散することが大切です。

それが私にとってはカウンセリング であり
このブログです。

つまり、いろんな人や物から良い知識を得て、
その良いエネルギーをネットを通して
他の人に拡散しているということです。

その循環の中で1つお金
という物質として返ってくるのです。

でも、それはお金じゃなくて
誰かのと出会いかもしれません。

このブログをしていたから
カウンセリングの先生とも出会えましたし
ここで優しいひとたちとも出会えました。

このブログを読んで励まされるという声も聞きます。
モラハラ被害にあった人が
自分の身に起きたことを知って
心の傷を回復していっているのかもしれない。

そして応援されることが多くなりました。

たった一人であちこちで
パソコンをカチカチ打っているだけです。

 

自分が世に発したものが

なんであれ、それは必ずなんかしらの形で
返ってきます。

それは「お金」「出会い」「知識」
そういういろいろな形となります。

「お金」というのは1つの形態であって
それがどんな形となって返ってくるかは
自分達にはわかりません。

ですが、必ず発したエネルギーは
自分に返ってきます。

そうやって自分を捉えれば
人生がまるっきり変わってきます。

今この瞬間、
未来は確実に変わっています。

 

モラハラ被害者は言葉で言い表せないほどの
とても辛い思いをしてきました。

納得なんてとてもできないと思います。
相手を許すなんて気にななれません。

思わず子供に当たってしまったかも
または親に泣きながら電話したのかもしれません。

もしかしたら

モラハラ夫に出会う前からそうだったのかもしれません

ですが、過去にどんな出来事があろうと
どんな悪いエネルギーを撒いてこようと

未来は変えることができると私は思っています。

今、この瞬間から
未来を変えていきましょう。

いつか自分達を恐怖のどん底に陥れた
モラハラ加害者に無関心になるまで、
モラハラ経験を生かして
これを糧にして
たくさんの出会いを通して
未来を変えていきましょう。

あなたにそれができるから
モラハラという理不尽な環境に
出会ったのだと考えたら・・・。
理解というより
少し納得はいきますよね。

 

私がそうであったように

あなたも前を向いて
歩いて行けますように。

 

 

 

モラハラ夫から見たターゲットはライオンから見たシマウマ!?

こんにちはーカウンセラー画家上杉めいです。

悲報です。私たちモラハラ被害者であるターゲットは
モラハラ加害者から見たら何をしても許される相手、
ライオンから見たシマウマそのものだよ

という話をしていきます。

これを聞けば自分たちがなぜ、

モラハラ夫からひどい仕打ちを受けるのかが
わかります。

最近私は、ライオンやワニやヒョウが動物を捕食する動画をよく観ています。

きも!こわ!サイコパス!?という批判ははさておいて
なぜ観てるかというと、これ、人間関係にも言えるんじゃない??
と思えることがたくさんあるからです

どの動画も

ライオンやトラやヒョウが
大きく、大きな角を持って、筋肉もりもりのバイソンや象に向かっていくことは稀で
ほっそりとしてキシャな可愛い動物を追いかけ捕食します。

たまに空腹に耐えかねたライオンがバイソンに向かっていって
首に牙をたてたとしても
猛スピードで振り落とされて角で刺されるか、
助けに来た仲間に
腹を串刺しにされて宙に舞う羽目になるかです。

ほぼ大体がそのパターンで
群れでたくさんいる草食動物の中でも
小さくて可愛くて細い動物に決まって狙いを定めます。

その細くてきしゃで可愛い動物が、私たちだとします。

いやいや、私は細くないですよ、ですよね?

モラハラ夫のターゲットは
「我慢強くて、報復しなくて、自分にとって害にならない人」です

ライオンはシマウマを捕食しますが

モラオは私たちを食べません。

その代わりターゲットの心をズタズタにし、自分の力を誇示します

一度ターゲットだと認識すれば何をしても、何を言ってもいい人物と認識されます

ライオンが同じ生き物を食べ物とするのと一緒です。かわいそう、こんなことをしていいのか?と
罪悪感にくれることなんてありません。
当然のことなのです。

モラハラは何をやってもどんなふうに扱っても許されると思っていますが、
暴力などで怪我を負わせることは自分が不利になることは分かっています。
言い逃れができない、責任を負わなければならない証拠を突きつけられたら
モラハラは苦しくて死んでしまいます。(本当はとても弱い人間です)

死に物狂いでターゲットに非があると思い込もうと、
または世間の目を自分を被害者だと仕立て上げることに
死力を注ぐのです。

モラハラ夫の真髄として

被害者が自分自身をモラハラだと思い、加害者が自分が被害者だと本気で思う構図があります。

真のモラハラ加害者はシマウマの皮を被ったライオンです。
芸能人だと
「清水章吾さんがDVをしたと報道された後、自殺未遂した件」
そのものです。

世間の人々は清水章吾はDV男だ!という評判から
ころっと変化して
清水さんがかわいそう!!奥さんが酷すぎる!!
どうか回復されてくださいという意見ばかりになりました。

理由は元奥様のハルマンさんが鬼嫁で
犬の餌を清水さんに食べさせていたこと、掃除を徹底させていたことなどが
昔、番組の企画で放送されたことから奥様が鬼嫁であると認識されたからです

ハルマンさんはそれは「清水さんが考えた事実無根のシナリオによって
演じさせられていた」と言っていました

そして、清水さんに家の権利を放棄させ、離婚届を突きつけたとされています。

どちらかが本当のことを言っており(多分)
どちらかが嘘を言っていてシマウマの皮を被ったライオンなんですよね

DV受けてた人が、トランクを借り清水さんの荷物を勝手にそこに入れるか?
とか、家の権利を譲ってもらうように話すか?とか
ハルマンさんは卑屈な嫌な顔していて、清水さんはみんな誰もが
優しくっていい人だと言っているよなど、テキトーな言いたいことを言っていますが、

DV被害にあっていた人だってここぞというときは自分の身を守るため
強行な手段に出る時があります。

加害者が出て行かざるを得ない状況を作ることもあります。

DV加害者はいつもストレスを家庭で発散できているので
すっきりしていて優しい、いい顔をしています。
被害者は日頃虐げられていることからいくらだって卑屈な顔になります。

これは過去から現在まで私の顔をずっと見てきた母が確認済みです。
モラオはすっきりして穏やかないい顔してた。
あんたの顔は疲れていて酷かったと言っています

また顔でしか、生活を伺う方法がなかったとも

私はエピソードを聞く限り、真の加害者は清水章吾さんで
真の被害者はハルマンさんとお子さんである

と思います。本当のことは当の本人たちにしかわかりません。

そして世間の声は
私たちがよく受ける2次被害そっくりです

 

では!

サイレントモラで軟禁生活17年。今思うこと

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

昨夜は紅白歌合戦を少しみました
氷川きよしさん。

どんどん弾けてきましたね。生き生きしてて楽しそうで
こちらまで嬉しくなっていました

そんな氷川さんをにやけながら観ていたのですが

氷川さんのしたヘッドバンキングに氷つき悲しさに襲われました。
なぜかというと夫にされた暴力の状況とぴったりと重なり合ったからです。

心が嫌な気分になり 吐き気をもよおしました。

今年の最後をモラハラに持ってかれました

サイレントモラとの生活

車の中の出来事をさらっとお伝えしますね。

帰省で帰ってくる車の中での地獄の時間。
高速道路上に何度転げ落ちようと思ったか。

暖房の向きを変えたからと罵られ

車の運転中に話しかけたからとキレられ

車の運転中に隣で寝ていると殺したそうな顔で睨まれ

隣で歌を口ずさんだから頭痛になったと怒られ

車の運転を交代するという言葉は無視され

絶えず運転をしながらため息を吐かれ

実家につけば自分の文句を言っていている。。。。

これが何年も何回も続いてみてください。体調を崩しますよね

実家について車を降りる頃には
熱が出て動けなくなっていることが何度もありました。
原因不明の熱です。

ですが実家や夫の実家で寝込むわけにはいかない。。。
無理に無理を重ねました

こんなモラハラ被害者が多いことでしょう

車を通しての
ほんの一部の出来事です。

サイレントモラの言葉使い

ええサイレントモラって

「お前バカなんじゃないの!!」

とか

「しね!」

とか皆様が想像されるような
乱暴な言葉なんて
発しません。

丁寧で、紳士的で、人格者のような
言葉使いです。

現に元夫は
私のことは「君」

自分のことは「私」と言っていましたし、

子供達のことも

「〇〇さん」

「〇〇君」

と言っていました。
そしてゆっくりと
穏やかに
諭すように喋ります。

威厳を持って
力強く
素晴らしい人の体を装います

そして周りにいる人たちは皆口々に

あらあ!優しそうな素敵な旦那さんじゃない!

って言います。
「えへへ・・・ありがとう」とかえしながら
違和感と吐き気に何度か襲われました。

最後の数年なんて
めまいと息苦しさで
立っていられない状態になっていきます。

相手がサイレントなら
私の体調もサイレントです

更年期の検査をしても
形成外科に行っても
貧血の検査をしても
内科に行っても
(夫に内緒で行き、
保険の明細を見られないように
大変苦労しました。

そのうちの1つがバレて大激怒されましたが

大激怒と言ってもサイレントモラなので
3年くらいの完璧無視が続きました)

体調不良の原因がなんなのか
わかりませんでした。

というか

「息苦しさや動悸」

がある状態っていうものが
どんなものかはっきりと知らなかったのでw
当時はどんな風に体調が悪いのか
自分自身でも把握できていません。

病院の受付で渡される問診の用紙に
「動悸、めまい、立ちくらみ、抑うつ」
という言葉が書いてあったので

「問診票で私自身も自分の状態を知った」

というのが正しいでしょう。

 

 

先日 車の中で耳を疑う声を聞きました

父親の運転の隣で母が
「眠い!!ああ〜眠くなっちゃったあ〜。」
とつぶやくと父が
「眠いなら寝ててください。ゆっくりして下さいね」
と言ったところ

母が「誰があんたなんかに遠慮なんかするもんか
!何ばかなこと言ってんの」と
フロントガラス付近に足を投げ出し
もう半分眠りの中

こんなこと言われても父はなんとも思わない
し母も何も悪気はない

立場が同等の仲の良い夫婦です。

こんな普遍的に思えた平和な家庭で育ったから
まさか自分のことを
サンドバックにする人がすぐそこにいるなんて
思ってもみなかったよ。

それが

サイレントモラ

で、まさかDVだとは
モラハラだとも思いませんでした。

 

せっかくなら一般の幸せな家庭の人の経験のない

モラハラを踏み台にして
高い方が進んでいきましょうね

モラハラ被害者体質は能力も努力も備わっていますよね。
これは 強みですよね。

行動する力を奪い去っていたモラハラが消えると

力倍増

勇敢な戦士のようになっていくんではないでしょうか

犯罪を犯す以外 心にブレーキは入りません。

今年からやってみましょう

私も1つ企画していることがあるんです
やってみます。

サイレントモラという

静かで大きな声を発しない
真綿で首をゆっくり締められるような
苦しさ。。。

恐怖の日々

何かがおかしな家庭生活

子供に蔑まれ

夫に罵られ

膀胱炎を随時更新しながら
行う夜の生活

心底自分を嫌う自分。

不幸そうに泣き真似をする夫

身に起きていることがなんだからわからず
19年間も結婚生活が続いたけれど

暴力を受けたから
やっと
「家を飛び出す勇気」が持てました。

暴力を受けることって
本来は辛いはずなのに

私はこれで夫のモラハラが決定的になった
と少し安心したのを覚えています

暴力を受けて安心している私は
おかしいのでしょうか?

いいえ

サイレントモラという最も気づきにくいモラハラ

だということを
確信する要因になったこと

「これで家をでるぞ!」という後押しになったことが

安心につながったのです。

だってこの先、

訳のわからないモラハラと暮らす苦痛

先の見えない恐怖を天秤にかけたら

どちらも怖いけれど
先の見えない恐怖にかけた方が
何倍も素晴らしい人生になるという
確信はあったから。

 

うまく説明できませんでしたが
これが私の体験した
サイレントモラでの出来事です。

この世の中には
私の知らない世界があるのだと
ボーッとした意識の中で
体験した幻のような出来事だったな
と振り返ることがあります。

モラハラ自体の説明でさえ難しいのに
サイレントモラの説明は
さらに難しいのですね。

では

モラハラ夫がブチ切れるとき!最大の危機

こんにちは〜

カウンセラー画家上杉めいです。
今日はモラハラ加害者がブチ切れる時は
どんな時か
静かで穏やかに思えるモラハラがもっとも危険になる時をお伝えする

 

モラハラ夫がブチ切れる時

いやいや いつもブチ切れとりますよというみなさん
いつものブチ切れは穏やかに人格者を装って
悪意を持って被害者ぶって
お前が悪いんだぞ!!と罪悪感を与えつつ
物音やちっなどとする舌打ちで
怒るという姿ですね?

それがいつ始まるか
どんなタイミングでなるのか
きっかけはなんなのか

もうね 本当に疲弊しますよね
恐ろしいですよねえ

それとは別に
本当の意味でのブチ切れる時の話なのですが

  • 会社を辞めるなど社会的な後ろ盾を失った時(辞めざるを得ない)

  • 母親などの加害者が一心同体となっている人物に見放された時

  • ターゲットの裏切りを感じた時

です

ターゲットの裏切りを感じた時とは
例えばターゲットが逃げる
加害者がしたい性行為に応じないことなどです

 

モラハラ夫がブチ切れる 性行為の位置づけ
そしてそれを拒否されることは最大の屈辱

ターゲットが性行為を求める場合は拒否を
ターゲットが性行為を嫌がる場合は遂行をすることで
自己顕示欲 己の力を示す 支配関係を示す手口です

性行為が支配関係を示す方法なんて
邪道ですよね。
でもターゲットの意思 状況など
加害者にはなんの関係もないんですね。

ちなみに私
群発頭痛やヘルニアで動けない時も
加害者が3日間お風呂もシャワーも浴びてなくても
歯を何日も磨いてなくても平気でやってきたものですから
何度泣いたかわかりません。

汚い体での性行為は膀胱炎にもなり、
ひどくなると
血尿になるのですがそれでも また汚い体での
性行為で血尿続きになるんです。

モラハラのターゲットも一人の人間ですから
無理な性行為に受け答えることもないのですが
結婚生活 家庭という隔離された枠組み
社会的制度の壁に隠されて

それはもうモラハラ加害者の
暴れ放題 やりたい放題 思い通りになるわけです。

私自身 性行為から必死で逃げていたところ
全治2ヶ月の頚椎捻挫をしても

その時の記事はこちら↓

https://koottasekai.com/post-199/

上半身が痛み 動かなくなったのですが
翌日平気で性行為をしてくるわけです。
何の気なしに

怪我をした直後子供のマラソン大会を応援に行った私も
なんだかなあ・・・ですねww
友達にあって話してる時
ずっと号泣していたらしいです

加害者からすると
「奴隷であるはずのターゲットが逆らった
あるまじき行為だ!!」
と映るらしいです。

話が反れましたが

どの程度モラハラ夫ブチ切れるのかというと

普通の人が切れるのとは違って
見境がなくなるのです

いつも必死で外面を装い
証拠の残らない程を装っているところ
人間性がすっかりと消え失せるのです。

モラハラ加害者が
自分を見失いパニックになり
暴力事件となり世間に知られるケース

背景にモラハラが隠れていることも多いと思います。

普通の人が切れても
これ以上はダメだと自我は残されています。
寸前のところで思いとどまったり
なんとか静止するでしょう?

自分が切れた時もそうですよね?
・・・

 

ターゲットが脱出するときに
加害者に知られてはいけない理由もなんとなく
わかったかと思います

 

これを書いたことでターゲットに狙われるかも・・・・
まあ 被害者のためになるのならいいや 笑笑

こんな書きにくいこと
声をあげる人もあまりいませんからね

 

というわけで

モラハラ加害者のたかが外れた
もっとも危険である理由でした。

 

お問い合わせ

◼️下記のお問い合わせフォームから

またはツイッターのダイレクトメールから

簡単な相談内容を送ってください。

気分次第で返信しますね

(お返事の遅くなる場合もあります)

◼️DVの辛く苦しい状態から立ち直るまでの過程と今現在の様子

https://koottasekai.com/entry/2019-08-25-dvから抜け出す→さらなる落ち込み→覚醒

◼️プロフィール

元美容師。

モラハラ環境(軟禁状態)から19年してから脱出。

2人の子供(一人は離別)

現在 画家 DV専門カウンセラーとして活動。

モテる人の研究が好き。

趣味で ゆるミニマリストな生活を始める。

DV地獄から救い出してもらった経験と

加害者、被害者の心理 生育環境などから心を立て直し

被害者の先の生き方をどれだけワクワクするものにできるか

奇跡を一緒に計画する。

 

◾️DV被害者の自分を大切にするための方法

無料メール講座のご登録は

https://mail.os7.biz/add/Aoa5

■インスタグラムurl

https://www.instagram.com/mei9260

◼️BASE 上杉の描いた絵画

カウンセリングの活動資金にしています

mekkukun.thebase.i

◼️ 仕事による人間関係の悩みは

こちらのカウンセラーへ。

悩みの解決方法を一緒に探してくださる方です。

ameblo.jp

【モラハラ】被害者体質、加害者体質の分かれ道

離婚しても名字は変わりません。
上杉めいです。
大好きな上杉昇さんから借りた名字なので ^^

今日は
モラハラ被害者が

被害者体質になった理由について探っていきましょう

モラハラになりやすい小さな頃からの生育環境

モラハラの加害者体質

被害者体質になるのには

小さな頃の生育環境が

関係していると言われています

小さな頃生育環境を思い出してください

親の

理不尽な振る舞い

要求

暴力

ネグレスト

親の不仲

など毒親と言われる親から

生育されること

これは小さな子供に対して
生まれながらにしているだけ環境は
変えることができませんね

例えばもらわれてきた犬が
殴ったり蹴られて育てられようと
餌を十分にもらえないようと
汚いままでいようと
逃げ出さない限り
自分で
可愛がって大事にしてくれるところに行くこと
は到底不可能に近いですよね

ところが小さな子供には逃げる
という選択肢はありません
お金を自分で稼げない
身の回りのこともできない
年齢的なこともありますね

与えられた環境で過ごすことになるのですが

 

モラハラ被害者体質

になるのは
親からの
殴る蹴るの暴力を受けることや
モラハラ環境で育つことや
育児放棄されることだけではありません

長女長男だからという理由で
他の兄弟より厳しく躾けられたり
自由が与えられずらかったり

成績
外向型 内向型人間
など元の性質により
本人の性質を無視して
親の価値観を与えるづけられた場合です

 

子供は

親からの期待に応えようと
その時を生きていくために
または将来のためにと
努力や根性で挑みます

しかし
生育環境を変えることや
もともと持っている性質を変えることは
できるものではありません

努力して打ち勝つことのできる代物ではありません
もともと超内向的な性格の子供が
明るく活発朗らかに人と過ごすことは難儀です

 

そんな無謀な戦いを繰り返し

失敗を繰り返した子供たちは

なんの原因も自分にあると

自分を恥じるような体質

被害者体質になります。

 

犬や猫 動物には逃げるという本能が備わっていますが
人間は 現代社会において
小さな状態で理不尽な環境だからと言って
ポーンと逃げられるすべはありません。

基本そのままの場所で大きくなるまでの間を過ごすことになります

モラハラ加害者体質

しかしたった1つだけ

そんな場所でも

楽になる方法があります

理不尽な要求をしてくる親に

心を売り払うことです。

自らの意思で考えることをやめ
自分の意思を持たず
なんでも
親に従ってさえいれば
これ以上攻撃を受けることはありません

理不尽な生育環境に
耐えられず
自分で考えることをやめ
従うだけの人生を送るということは
自分を親と一体化させてしまう感覚です

赤ちゃんが自分の欲求が通らないと泣き喚き
親を自分の意のままに操る
一体化しているようかのような振る舞いです

赤ちゃんから次第に
自我を持ち、一体化の感覚は薄れ、
やがて
自分は親とは別の人間として育つわけですが
心を売り払ってしまえば
体は成長していってもいつまでも親と一体化の状態です

でも流石にランドセルを背負いながら泣き喚く
中学校に通いながら思い通りにならないと泣き叫ぶ
形はおかしいのだと本人にもわかりますので
思考をこうチェンジさせます

自分の不快は誰かのせい・・・

そうやって何もかもを人のせいにし
自分の責任を感じない大人になっていきます

楽になる道を選んだ子供たちが将来

加害者体質になるのです。

 

親の異常な過保護や甘やかしにより
本人が自分の意思で考えるのをやめてしまった場合も
加害者体質になります

大きなおじさんが自分の思い通りにならないと
泣き叫び喚き
どうにかしろ!!と訴える姿と

大きなおじさんが自分の思い通りにならないと
お前のせいだ!僕に迷惑かけてどうしてくれるんだ!
この責任どうやってとてってくれんだ??
という姿と同じです

恥ずべき性格なのは
被害者体質ですか加害者体質ですか?
それはモラハラ加害者から与えられた
価値観ではないのですか?

今のあなたならわかるでしょう

 

 

モラハラ被害者体質はどんな親からも

どんな環境でも自分の心だけは

人に受けわたさず守り抜いた証です。

 

親に心を売り払ってしまった

自分の考えを持たない加害者体質

甘やかされまくった加害者体質の人から

自分の心を売り払わず守り抜いてきた

被害者体質への暴力は

ナンセンスな話ですね
なんとなくわかっていただけたでしょうか。

 

もしかしたらモラハラ被害者体質になったのは発達障害

が原因の
打ち勝てる環境でなかったのかもとも思えます。

 

発達障害とは
生まれつきの脳機能の発達の偏りによる障害です

得意、不得意とその人が過ごす環境や

周囲の人とのかかわりのミスマッチから

生活に困難が発生します

 

見た目からではわかりにくい発達障害を
あげていきます。

見た目が普通なだけに

できない物事への特別な配慮は対応や

生きずらさを見過ごされることになり

周りの人たちとのミスマッチが
変えることのできない環境であり

自分を責め恥じる被害者体質(加害者体質)へとなります

ADHD

注意欠陥、多動性障害とも言って

不注意

多動性

衝動性といった症状がみられます

これらの要素の現れ方は

「不注意優勢」

「多動性、衝動優勢」

「混合」です

学習障害

知能発達に遅れはないものの

読む

書く

聞く

話す

計算 推論する

などの能力に困難が生じます。

発達障害に併存する障害や症状

自閉症スペクトラム障害と

ADHDに知的障害を併存している人もいます。

光や音、味や匂い、触り心地などに敏感

反対に痛みや五感への刺激の反応が鈍い人も多いです

わかりづらい発達障害

発達障害のグレーゾーン

発達障害かどうかの数値のような明確な基準がないので

はっきる見極めづらい状態にある人もいるのです。

モラハラ被害者体質の人が大人になって

スマホやパソコンで検索して

生きづらさの原因が発達障害にあったと気づいた方も

多いのではないでしょうか

加害者体質となる場合は

小さな頃

周りとのミスマッチな状態から楽になるべく

加害してくる相手に

心を売り払うのですね

これが

発達障害型のモラハラ加害者がいる理由です

親からの攻撃

甘やかし

発達障害

混合で被害者体質 加害者体質になる場合もあり得ますね

毒親に育てられても

発達障害があっても

加害者体質 被害者体質にならずに済んだ人は

小さな頃 不当な環境から救われる場所や人がいた

からだと思います。

何不自由ない家庭で育った人物

あなたたちのことを

「自分だって悪いところがあったんじゃないの?」

「そういうところが旦那さんは嫌だったんじゃない?」

「親のDVを受けても病まずに立派に育った人いるけど!」

ってアドバイスを受けたとしても

悪いところは誰にだってあるし

嫌なところも誰にでもあるけど

話し合ったり相談したりする権利ももらえなかったし

「はっきりしないんだけど

発達障害だと思うんだけれど

これこれ私はこういう考えで・・・」

と説明してもさらなる

アドバイスに似た攻撃をしてくる時もありますね

しょうがないこと。

自分に関係ないことは

知ろうとしないですもんね

 

※ここからは以前の文章に加筆しています

ちなみに私は毒親に育てられたわけではく

先方と別れたことでミスも減ったこと

匂いや感覚に敏感で不注意が優勢の

ADHDからの発達障害なのかと思っていました

そんな時に

モラハラ脱出に関わってくださった

方にこんなアドバイスをいただきました

もとモラハラ被害に遭われた方のアドバイス

毒親育ちというわけではなくても

”長女”という名目で厳しく育てられました。

たまに男の子と遊ぶ待ち合わせ場所に父親が来ていたり

夕方6時に家を出ようとした時は

ボコボコに殴られて起き上がれないくらいでした

やがて他人と遊ぶことはやめました

どの家もそんなものかな

と 当時は思ってましたよ。

食事を作ることが苦手で

冷蔵庫に腐っているものをためこむ母でしたが

明るくて好きでした・・・

 

流石に腐った物を料理した時は
口にせず
他の食材を畑からとってきて料理したりしましたが

毒親とは言わなくても

そんな生活から

自尊心は低く

他人だけを大切にし

モラハラ被害にあっても逃げ出さず

自分のことを心底恥じ

精神の破壊されるまでの状態になってしまったんですね

自分よりも他人に優しく

自分に厳しくとよく言われますね。

思い切り他人に優しく

自分に厳しい被害者体質にとっては

悪人になる

くらいで普通に近づき

生きやすくなるのでしょうね

 

長い文章

読んでくださりありがとうございます。
ここに訪れていただいて
本当に感謝です

少しでもあなたの生きづらさの解釈になれば
不幸中の幸いです

 

では

■インスタグラムurl

https://www.instagram.com/mei9260

メールアドレスをクリック

悩みの内容を書いて送信

■BASE

カウンセリングの活動資金にさせていただきます

mekkukun.thebase.in

■ツイッターのアカウント

@meiuesugi

上杉めいとは

モテ人研究会会長

もと美容師

画家 

カウンセラー画家など数々の異名を持つ。

仕事による人間関係の悩みは

こちらのカウンセラーへ。

悩みの解決方法を一緒に探してくださる方です

カウンセリングルームは神奈川県の平塚です

ameblo.jp

無料メール講座のお申し込みはこちら↓

自分を大切にし

モラハラやDVなどいじめなどで受けた傷を

少しずつ治していきましょう

一人じゃないと感じられるメール講座です

自分を大切にするための7つのステップ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール