モラハラ加害者がターゲットに自己投影をする 本当の理由を聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま コンバンワ〜

ゴールデンウィーク いかがお過ごしですか?

疲れやストレス溜まっていませんか?

ゴールデンだからと

張り切ってステキな丼を探しに行って

息苦しくてぶっ倒れそうになった めいです。

 

水たまりに 丼ぶり背負って

倒れなくてよかった・・・笑

 

さて今日は

モラハラ夫(妻 恋人)の特徴

自己投影について話していきますね。

 

「汚いなお前」・・・

これを言ってるモラハラ夫は3日間風呂の入ってない

「恥ずかしいなお前」・・・

モラハラ夫の数々の恥知らずの言動を知っている

「常識ないの? 」・・・

妻(夫 恋人)の作った料理をガチャガチャとテーブルの隅に追いやり

カップラーメンをすすりながら

 

こんなこと言われたことありませんか

この言葉の内容

モラハラしてる本人そのものなんですよね

頭脳の高い人なのに

なぜ相手にそれを言うのでしょう?

自分が何を言っているのか理解はできていると思います

私はこれが不思議でありませんでした

だから長年

ずっと本気で自分が

「醜く汚く非常識で恥ずかしい人間」だと思っていました

なんの疑いもなく。

 

その言動の意味をお伝えしますね

(モラハラに詳しい人に聞いたそのままの言葉を載せます)

 

まず、モラハラは自己投影しようとしてしているわけではないのですね。
そして、

自分の悪いところを気になるなんてことをしてたら

死んでしまう人格です。
そうゆう事からは逃げる

押し付けるにしかならないと言いますか、

そうしないと生きていけない感じと言いますか。。
なので、

生きていけない人格に直すなんて毛頭考え及ばず

そんな次元ではないです。
自分は特別な存在だと心底思っている、

思わないと生きていけない非常に弱い人格なんですね。
モラハラ人格は

モラハラを楽しんでやっているわけではなく、

それが当然だと思っています。
人と比較することでしか自分の価値を見出せないので、

自分でとかは基本的にはないと思います。
モラハラの行動にはモラハラ的な意味があります。
めいさんが絵を描くことで落ち着くから描く。
のような意味は見出せないのがモラハラです。

健全な人からは想像しにくいと思います💦

 

 自分の悪いところはないことにし

それを相手に押し付ける

自分は特別な存在と思っているので

まさか自分がその悪いところがある

とは思わずに

自然に方向転換される

そう思わないと生きていけない人格なので)

 

それが楽しいわけではなく

当たり前のこと

自分が間違っているとは毛頭思わずに

人と比較し

勝つことで自分の価値を見出しているので

知らず知らずのうちにそうなる構造で

一般の人には理解しがたい理由ですが

モラハラする人には

モラハラするだけの(自己投影するだけの)

理由がちゃんとある

と言うことです

 

※私はどう頑張っても

モラハラ加害者の行動を肯定できないので

感情が過剰に入ってしまい

モラハラを知らない方には過剰に意地の悪い表現になってしまい

不快感を与えてしまい申し訳ないです

f:id:mekkukun:20190501211726j:plain

息を吐くように嘘をつく

とモラハラ相手の比喩としてよく聞くのですが

自然に難なくやっていることからそう言われるのかもしれません

 

モラハラにはモラハラの理論があるようです

だからと言って

許してあげて

なんて到底 言えませんが。

 

モラハラ環境の傷を癒すために

知っていてほしい

モラハラ加害者のことでした

 

 

 

以上

 

カウンセリングする画家

上杉めいでした

 

 

 

 

■インスタグラムurl

https://www.instagram.com/mei9260

 

■BASE

mekkukun.thebase.in

 

■ツイッターのアカウント

@meiuesugi

連絡

お待ちしております

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*