モラルハラスメント

老いることを利用しよう【女性は歳を重ねることに何故罪を感じるんだろう】 

こんにちは

カウンセラー画家 上杉めいです

今日は女性が老いることを利用する話と
女性が老いることによって感じる罪の正体について話していく

私は
モラハラ被害に合いすぎのサラブレット
マインドコントロールに長年かかり身動きを取れず
ある時 怒り狂いつつ冷静にモラハラ脱出マインドコントロールからも抜けた
平成のボブマーリー

いや
カメロン・デロリフィチェなので
老いることにあまり抵抗がない

と言いつつもamazonプライムビデオで観た
「少婦」のりょうくん(松坂桃李さん)の言葉に
揉み上げに衝撃が走った!

「どうして女性は歳をることを罪と感じるんだろう」

確かにそうですよね
喜んでバンバン歳とるわよ〜なんていう人にはあったことがない

モラハラ夫はよく言ってた

「ねえ〜オバサン!オバサンだからわかんないのお?」

そう言ってよく子供達の前で私を罵った。
いやあね 当時は25歳だったのですよ

モラオさんは私よりただ5ヶ月誕生日が遅い同級生で
体はおじさん 中身は6歳で加齢臭が始まってるってのに
よく言ってくれましたよ

ではモラハラ環境から脱出して
だいぶ普通の感覚を取り戻してきたのでわかる

女性が歳をとるデメリット

をあげます

顔のシミソバカスたるみ
顔の輪郭はぼやけ

体の線もボヨボヨとぼやけ

骨や筋肉量が低下し
動きが鈍くなり
内臓が弱り病気にかかりやすくなる

何より

若くてちやほやされてきたときとうってかわって
優しくはされなくなり
迷惑そうな周りの目

そして
「オバサン」という言葉に感じ取る邪険な扱い

同じことをしても
若いうちは許されるようなことも

モラトリアム

期間だって過ぎているし
雑に扱われてもしょがない

なんて思わないでくださいね

後何年 老いてる期間を過ごすのでしょう

これから先の方がずっと長いかもしれない

サップヨガのおじいさまはこう言っております

今日は残りの人生の最初の日です!!

ですよ。

というわけでそんなに罪に感じるのなら

歳を取ることで
劣ってくるところをケアすればいい

そんな時は
歳をとっていても
若い子以上に綺麗な

カメロン・デロリフィチェ

を参考に肌のケアをしていきましょう

カメロンさんとはこの方

 

82歳で現役スーパーモデルをしているそうです

肌もそれなりに歳をとっているけれど
うちから出てくる輝きはまるでダイヤモンドです

image

そしてこの誇らしげな表情も
歳をとることに喜び自信を持っていなけりゃできませんよね

そんなカメロンさんのスキンケア方法は

出典 twitter.com より

肌ケアの方法は馬用クリームだそうです。。。。

う・・・馬用・・・良く言う馬油のことだと思います

馬油を調べると(ウィキペディアさんより)

馬油(バーユ、マーユ[1][2])は、の皮下脂肪を原料とする動物性油脂のことである。主に食用の馬を解体する際にの部位から採取される[3]オレイン酸パルミチン酸パルミトレイン酸リノール酸リノレン酸などを多く含んでおり[1]、古くから皮膚治療民間薬に用いられてきた

馬の腹や首からとった天然由来の油なのですね

少量でも高い保湿効果と抗菌効果を発揮する

ので
乾燥によるトラブルを防ぐのだそうです

そして毎日のビタミン補給と
適度な運動、睡眠。がこの綺麗な82歳の方のするスキンケア

ビタミンはマルチビタミンを飲めばいいし
睡眠もとるようにして
化粧水塗って 馬油を塗っておけばいいということですね

ちなみに馬油を塗って外に出ると日に焼けやすいそうです
夜のスキンケア 乾燥の気になる冬には取り入れたいです

今日は残りの人生最初の日なので
今日からケアして

年齢はただの背番号

ってドヤ顔で言ってみたいです

馬油は安いから良いですね

ドラッグストアにも売っていますから
少量を薄くつけるようにしましょう

そういえば私が小さい頃
すごく美しい顔の親戚の叔母さんが
馬油をメイク落としがわりに使っていましたが
あんまり綺麗な肌じゃなかったです

私も昔 見習って試しましたが
ベトベトで気持ち悪かったし洗い落としにくかったから
それはやめた方がいいかも

 

諦めないで

地味にコツコツと
綺麗に年齢をかさねましょう

私が思うのには

若い頃よりスキンケアが生きていくるのが

30代40代になってからなのです

ニキビになる心配はないし
肌に合ってる合ってないがわかりやすいし
肌に弾力が出るなど翌日には効果がわかる

やりがいがあります

では

【事実】モラハラ被害者がよくする勘違いを解説するよ モラハラ被害者美人説浮上前のページ

モラハラ離婚から対人恐怖症へ【対人恐怖を才能に変える】という話次のページ

関連記事

  1. モラルハラスメント

    湧きでるモラハラ加害者

    怖いわー。お兄さんが今朝はもしもーしってラインをよこして…

  2. モラルハラスメント

    心の傷

    モラハラがどんなものか知った今私がどれ程傷つけられてきたかわかっ…

  3. モラハラからうつへ

    【モラハラ】感じる罪悪感と違和感の正体について

    こんにちは。上杉めいです 今日はモラルハラスメント(モラハラ)によって…

  4. モラルハラスメント

    モラハラ被害者、逃げる

    とても大切なことなのでここに書いておきます私のモラハラ脱出…

  5. モラルハラスメント

    人の本質

    今日はねお店の店長が言葉は優しげに説教してきた『過去に二十歳そこそこの…

  6. モラルハラスメント

    モラルハラスメントでマインドコントロールされ支配されていく過程

    モラルハラスメントによってマインドコントロールされ自分を失い支…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. モラルハラスメント

    【モラハラ】被害者体質、加害者体質の分かれ道
  2. モラルハラスメント

    モラハラ環境からの脱出費用
  3. モラルハラスメント

    モラハラ夫が消えた家で。
  4. モラハラ脱出

    ミス
  5. モラルハラスメント

    恋愛といえども
PAGE TOP