証拠

必見 これがモラルハラスメント(モラハラ)にあいやすい人の特徴 意外な真実

こんにちは

カウンセラー画家 上杉めいです

今日はモラルハラスメント被害者になりやすい人物像、特徴をあげてみよう

モラルハラスメント(モラハラ)被害者になりやすい人の特徴

  • 真面目
  • 人のこと優先
  • 自己否定感が強い
  • 自信がない

簡単にいうとこんな感じなのですが
どこにでも載っているし 誰でも知ってるし
鬱になりやすい人と同じじゃない?
と思われるかもしれませんが
その性質からうつなどの心身症状になる場合も多く
それにプラスして
マインドコントロール状態にも至っています

そして
被害者自身の性格 性質が
独特な心の動きをします

独特な心の動きとは

絶対に

自分が悪い
という気持ちを誰になんと言われようと譲りません。

心底自分を恥じ
相手を責める心境には至りません。

もともと
自分の身や心を差し出し
人の役にどれだけたてるかで
自分の価値観を見出していましたので

他者に責任を負わせずにはいられない
モラルハラスメント(モラハラ)加害者の性格と
ぴったりと合致するわけです。

被害者は性質を利用され
長い年月をかけ 心底
自分は何も価値のない人間だと植えつけられ
証拠の残らない暴力から
逃げ出さないようにコントロールされている
(マインドコントロール)ので

相手が悪いとは微塵も思いませんし
暴力にあっていることも気づきません。

逃げろと言われても・・・

 

普通の世界では、暴力や暴言や理不尽な要求やいじめには
気づきますよね。

なんとかそこから離れよう 逃げようとするのですが
その防衛反応が働きません。なぜなら
身に起こっていることが暴力だと理解できないからです

挙句
最後は自死に至ったり
病気にかかり心身症状が出たり
動けなくなることになります

自分の身の周りにおきていることを理解し
脱出し
安心で安全な場所に居たとしても
下記のような心境になります。
2018年5月の私の記事です

またかいな

って言葉は置いておいて

私がまた罪悪感の奈落の底に落ちた

心がボロボロよ。

モラハラ夫からは離れているの

だから巧みな攻撃はうけないのだ。

では一体なぜ罪悪感を背負う羽目にと言いますと

娘の誕生日にね

おめでとう❕ラインをしたの

そしたら

自分の誕生日で

自分でタルトを焼いて

ケーキを作ったってそれはもう嬉しそうなメッセージと

写真を送ってくれたの。

とっても美味しそうで

上手に出来てた。

でね

多分まだ

夕食をとっていないのね

モラハラ旦那さんが子供達の家に帰って来ていないと思うから。

毎回

こうやって

お腹が空いたら自分で冷蔵庫の材料を使って

料理して

寂しく食べているんだなあって思ったの

こともあろうか誕生日に一人でケーキを食べてるんだ。

お兄ちゃんとは仲が悪いから

こんな大きな自作ケーキを

広い大きな家でポツンと食べている光景が目に浮かんだ。

久しぶりに号泣した

私はマクドナルドでハンバーガー買って

難なく食べたのに。

子供はお腹をすかせて

私だけは自由気ままに生きてる

それどころかぶくぶく太って来てる

こんなことが許されるのか。

自分だけ良ければいいないんて

親として愚の骨頂だ。

また自分を痛めつけようとまでは思はないけれど

もう

全く、何もしたくなくなった

風呂も入りたくないし

喋りたくもないし

仕事もしたくない

眠らずにボロボロになりたい

パソコンでここでこうやってブログを書いているけれど

それはやりたいというより

承認欲求みたいなものだと思う。

誰か私のこと少しでいいから知っててって。

私は傲慢のわがままのずるい大人だ

だからこんな人はどうなったって

人に迷惑をかけなければいい。

そう思った

全く価値のない人間だと
全てが自分の責任であると心からおもっておりました。

モラルハラスメント(モラハラ)を深く理解し
覚醒した今の私ならこう言います

 

”モラハラ夫のせいで
娘を辛い状態にあわせている。
普通じゃない環境から娘を助け出したいが
娘の考えも 都合もある。

モラルハラスメントは気づきが最大の防衛手段なので

娘が自分で自分の考えはおかしいと
気づき、モラハラ館を出てくるまで
私はここで待っていよう”

です。
今も待っている状態ですが
娘が安心して出てこられるように
病んでいるお母さんから抜け出すべく
気丈でなく
穏やかで楽しい人でいます。

 

こちら
モラルハラスメントとは何か もあわせてご覧ください
https://koottasekai.com/モラルハラスメント/post-1891/

 

 

モラルハラスメントの証拠

弁護士さんに会いました

私のモラハラ証拠の日記の解読をし終わった弁護士さんが言いました。

モラルハラスメントのすべてという本のモラハラエピソードと

モラハラ日記のエピソードを照らしわせると同じような内容が

出てくる出てくる

相手はなんのために 

どうしてこんな言動をするのかまで一つ一つ掘り下げました)

 

「最初にこの日記を読んだときは、

私が以前に担当したモラハラ離婚の案件より

モラルハラスメントの証拠にかけていると思った。

でも話を掘り下げていく行くうちに

はっきりとこれがモラルハラスメントなのだとわかったよ。

モラルハラスメントの酷さがわかった。」

 

と言ってくださいました。

一緒にいた母親はのちに

父親に

 

「弁護士の先生がこれで

モラルハラスメントとの戦い方がわかったって言ってくれた❕

一緒に戦おうって言ってくれたぞ❕

これなら勝てるって言ってくれた

ウッヒョ〜❕」

 

って声高らかに叫んでた

先生はそんなことは一言も言っていない 笑

ニュアンス的にはそうは取れるかもしれません

 

そして弁護士の先生が言ってくださいました

「相手が何をした、何を言ったっていうエピソードも大事だが

めいさんがどうだったか

本に載ってるモラハラ被害者のチェックリストの項目

これにレ点がつくでしょ?

それにまつわるエピソードがありますよね

例えば夫に内緒にしていることがあるってところ」

 

そうですそうです。化粧水買った時などは

隠してた。見つかると怒られてしまうから

って伝えた

 

弁護士さんが

「それですね」って。

そう

モラルハラスメントの相手によって

マインドコントロールされ

自らを壊して行く支配関係

それがモラルハラスメントの真実の恐ろしさです

 

また母はのちに父親に

「先生が

モラルハラスメントの真髄を理解してくれたよ」

って叫んでた。

そして持ち込んだ家計簿の夫のお小遣いの項目を見せた

弁護士さんが驚愕した

「嘘❕

何これ❕

お小遣い30万円 26万・・・23万・・・

おかしいでしょー❕」

って。

やっぱそうか。

私も密かにそう思ってた

売れっ子弁護士さんがそう思うんだから間違いない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モラルハラスメントのおぞましい毎日のことを倒れそうになりながら伝えた

弁護士さんの事務所に母親とはるばる行ってきました

内容は私が受けたモラルハラスメントの日記の記録を

いつ、どこで、

どういう意味合いでそんなことをしたのか

モラルハラスメントの本のどこに

それに似たような具体的なエピソードが乗っているのか

そこまで細かく

紐解いていきました。

3分の一のところまで話進める間

心臓を抉られているくらいに気分悪かったよ

でも

こんなに真剣にイヤーな話を取り合ってくれて

とてもありがたかった。

あと3分の2もある 笑

また今度。。。。

その前の段階で

地裁に

婚姻費申し立てのための文書を送ってくれていたの

内容はなんと

強姦

あははは

夫婦間の出来事だけれど

鳥肌ものの文章だった。

でも事実なのだから

こんな性的な描写なんて見たくないけど

しょうがない。

母親にも読まれてとっても気持ち悪いけれど

これなら相手も嫌だろうから

調停もどんどん進むんじゃない?って

言ってくれた。

前の弁護士さんからは

カップラーメンの話のくだりを夫に

離婚理由として送ったのだから

三者からの

モラルハラスメントの酷さの

受け取れれ方が雲泥の差である。

弁護士によって

同じことを伝えても

こんなにも理解のされ方に差があるのだと

初めて知った。

余談ですが今、弁護士さんのお手伝いをしている
元、弁護士に
私の日記を見せた上で
申立書を書いてみる?と聞いたところ
「離婚の理由がわからない。」
とおっしゃったそうです
それが普通の人格しか知らない一般人の感覚で
普通の人だと思いますし
そんなものです
モラルハラスメントの理解されない怖さもありますね

 余談でした

話が戻ります

だからと言って

前、弁護士さんを責めるつもりは毛頭ないけど。

だって彼は彼で一生懸命対応してくれたもの。

その時に

給料の明細を見せ

私の確定申告は

私が用紙を書くのを嫌がったという理由で

宙ぶらりんだそうです

市役所で課税証明はもらえないようです

とお伝えすると

「嘘お?

なんだそれ。宙ぶらりんって。」

って言って大笑いしてた

それは雇っている側の脱税だねと即気づいた。

それを上回る驚愕の事実もあった。

その給料明細を見てすぐに

不備を指摘した

「そんな時間働いていて

固定残業がこの金額はおかしいよ。

この明細の記載も変だって。

これは未払い分を取れるよ。

訴える?」

と聞かれたから

そこまではしなくていいです

と伝えた。

いつ、いかなる時も言いくるめ

良いように利用される私には心強い。

帰りに

弁護士事務所の近くに住んでいる

弟の家に行ってきた

相変わらず安定の間抜けな表情や仕草に

兄弟としての共通点や感覚は否めない。

お姉さんは仕事をね、辞めるんだ

こんなことを言われたんだよ

だから嫌になっちゃったんだ

って伝えたら

俺ならその時点ですぐ辞める

なんで店長がそんなことに怒ったのか理解できない

と言った

もう行かなくてもいいよって

私が感じたこととにてたの。

一瞬でとても癒された

話を聞いてもらってよかった。

数少ない自分の味方

その人たちに会えたから

嬉しかったよ

人目が気になる

市役所への相談内容の開示を再度
請求に行った時にね言われたの。
諭すように
「めいさんは
一番辛い時に助けてくれた
相談にのってくれた男性がいましたよね? 」

頭が寒気に襲われ鳥肌が立ちました

「私に男性がいたということですか?」 

「ええ。心の拠り所にされていたのではないですか?
開示するということは
その方にも迷惑がかかってくるのですよ?」

寝耳に水の言葉に唖然とします

「そういう事実はありません
思いあたる人もいません。
そんなこと言われて私はとても心外です。」 

力強くそう答えた

相談員さんは
ああ。。。って納得したように 
「男性とは記載されてませんでした。
ごめんなさい
私の偏見でした
ほんとごめんなさい。」
と謝ってくれました
そう謝ってくれてよかった
私はまた自分を責めまくるとこでした

家庭の外では
仕事してたりして
私を奴隷扱いしない
モラハラじゃない人はいます
親切で優しい相談にのってくれる人もいます。
それが普通の世界なのに
その相手が男性だとなると
途端に如何わしいお相手に変換されるのですよね。
今考えると、昔の仕事場の店長のことを
相談員さんにお伝えした
そのことだと気づきましたが
全くそんな関係ではないのに。

私は男性のだの字も言いたくないほど
お客様でも喋れないほどの恐怖の対象になっております。
人からどう思われようと
いいです。
自分が一番の理解者なので
解っております。

ということで
人目を気にすることに
時間を費やすのは止める

でわ

モラルハラスメントの証拠を医者に出してもらおうとしたら ブチ切れられた話

最近はモラハラ関係の用事で

休日はガッツリと動いてます。

簡単過ぎた

「DVの診断書を書き直してもらえますか

誰にされた怪我だったのか

治るのに二ヶ月治ったことも入れてもらえますか?」

とお聞きしたところ

お医者様が

「あのさ

誰に怪我させられたのか

俺は見てないんだから知らないよなあ・・・

二ヶ月して治ったのだって知らないし。

そんなの考えればわかるでしょ?

嘘かくわけにはいかないよな。

ここに書いてある

頚椎損傷

これ以上書けない

以上❕」

はい

とすごすごと下がりました

今度は市役所へ。

私がした

モラルハラスメントの相談の内容の開示請求をしてもらったのですが

黒塗りの文字がたくさんで

「黒塗りのところも開示して欲しいです」(弁護士さんに言われた)

っと決死のお願いを

「この内容が第3者にしれてしまうことになる

あなたはかまわなくても

お相手(モラハラ夫)からの信頼を

私たちや相談員さんが失うことになる

あなたに情報を開示したら

他のたくさんいるみんなの開示もしなければならなくなる

できません。」

はあ

そうかあ。ここまで来てモラハラ夫の肩を持つのか

トボトボ帰りました。

また別の日は

心療内科にて私が話した言葉や

診断の書類を作っていただきました

これがなかなかすごくて感心しました。

私が話した内容がほぼ記されていました。

ああ

心療内科に行っていて本当に良かった

診療もしてもらったのですが女医さんが

「幻聴が聞こえる」

という私の話を神妙な顔で聞いてくれて

でも大丈夫

お気楽に過ごすので♩

という私に対して

「めいさん❕

めいさんはいつも表向きはお気楽を装っていますが

実際は違いますね。

ちゃんと食べて

薬をちゃんと飲んで

自分のことを考えましょう。

お子様が心配ですが

まずは自分のことを立て直しましょう」

って。

それを聞いてうるっとしました

母親に

「幻聴が聞こえるって心療内科で話したんだ」

と言ったら

「うっひゃっひゃ〜

あんたあ大げさに言いすぎるのやめなあ〜

今までの相談内容だって

幻聴からの被害妄想だと思われる

あひゃひゃ〜」

って大笑いして私も笑った。

でも

本当に幻聴は聞こえるよ

幻聴というか

みんな仕事場の人やお客さんが私の悪口を

実際言ってると思ってる

あまりにも仕事ができないもの

実際に人に迷惑をかけてるもの。

私の心療内科の診断になんて書いてあったと思いますか

ふっふっふ・・・・

日付と時系列で

適応障害

神経症

睡眠障害

です。

心療内科はすごいですね

話や顔つきや全体的な外見の条件から

そういうものを判断できるのだ。

特に病名を知らされてはいませんでしたが

病気の総合商社です。

この体調の悪さは病気のせいだと思うと

少し自分を責めることは減りそうです

そして

年金機構へ。

年金分割のための資料請求へ行きました

こういう場でもDVのための特別措置があるのを

初めて知りました

新たな番号を作り

DV夫が年金情報をも閲覧できない仕組みもあるそうです。

人生の大事な場面で対応してくれる

いろんな人や場所がありますが

融通の利かない人もいる反面

親身になって寄り添ってくれる情報をくれる人もいます。

友達でも同じです。

何も

わかってもらえなかった

やってもらえなかったなんて

落ち込む必要はなくて

わかってくれる人を探せばいいだけ。

自分に攻撃的な人は

離れればいいだけ。

まあ

あからさまに縁を切るというより

ジョー先生曰く

「ああ、あなたはそうなのね。

そういう人。

さて私はどうしようかな」

って自分の思い込みや情報を更新すればいいって。

現実をみて奇跡を計画するってことだね

そうだなあ

私の奇跡は

離婚してそこから新たな仕事をすること

その為に6月から学校へ通うの。

自分のペースで仕事をすること

これは幸せよね

さあ

ちょっと楽しくなったよ

疲れ果てた

弁護士さんにね
どうして離婚の協議が長引くの?
モラハラ得意の弁護士でってお願いしたじゃない?
それで長くても2〜6ヶ月で
それ以上になると調停だと言ってたじゃない?

ってもうちょっと丁寧な文章で聞いたの
そしたらね
だーーーーーー
ダダダダーって
下まで
何度も何度もスクロールしないと
見れない長文を
返信してきたよ。
予想した以上の言い訳だった

弁護士さんがいうには


もっとも調停を行う場合、
相手方の住所地の裁判所で行うことになりますが
○○まで行って調停となりますと
めいさまにも調停の期日の度に
○○まで来ていただく必要があり
先方と同じ建物内に長時間いなければならないという
負担もかかることになりますし、
弁護士費用の面でも、
追加の着手金や
私や○○が出張するため
日当が発生することから
経済的にも相当の負担が生じることになります
したがって
調停に移行した場合の負担が
大きいと考え、
相手方の回答を待ちながら、協議離婚での合意を
目指しておりました

結果的には、いまだに協議離婚の合意に
至れていないわけであり、
先方の単身赴任も終了したことを踏まえると、
より早い段階で
調停に移行する選択肢もあったかもしれません。
しかしながら、私が、これまでめいさまに
調停移行するということを
進言していなかった理由は上記のものになります。

現在は相手方が○○に戻ってこられ
遠方まで出向くという負担は無くなって
おりますから、
調停に切り替えて、相手方と話し合いをするという
選択肢も考慮されていいと思います




こんなような話が永遠と・・・
言い訳にしか聞こえません

そして
相手に送りつける
文章が
やっとこさ
添えつけられてまいりました

その全貌を見た私は
驚愕し
そして
がっくりとうなだれ
身体中が疲れに飲み込まれ
顔は赤く火照ったのです。

まるで
小学校高学年の書く
文章のようでした。。。。
執筆し難い
文章力のなさ。
その中に
「めいさまは
夜が寝れないなどの体調の悪化をきたしており」
私が話した内容そのままがちょいちょい出てきて
被害者ぶった訴えを
そこにポロリんと記してあって
ポロリした
自分のことが
とっても恥ずかしくなって
これをずっと待っていたのかと思うと
とても悲しくなってしまったのです

他に何か
加圧修正するところなど
ございましたら
何なりと・・・・
って書いてあったけれど
この文章をベースにするのかい
加圧修正を申し出たところで
たかが知れてるわいって
恥ずかしくなってしまうような
私の記実が増えるだけ
こんなに訴えてるのに。。。

もう
ネガティブのオンパレードです
きっと人相も悪いです
自分の眉間にシワがよっているのが
わかります