モラルハラスメント

不安で押しつぶされそうな時は

居ても立っても不安で仕方ない時は

もうね

軽いストレッチも脚やせ運動もする気にならないですよね

ただただじっとして

潰されそうな心を抱えてじっとしているだけ

漠然とした

答えの出ない不安。

モラハラ夫から離れて1年3ヶ月

それが私の今の状態です。

そこで勉強した

人からの評価に対してのストレスが半端ない。

そのストレスを軽減する方法は2つあるそうだ

・「ねば、ならない」を論理的思考に直す

覚えやすくすると 鹿は奈良の庭に住んでいる

しか、を なら には という言葉に変える

仕事しかお金を稼ぐすべはない↓

仕事ならお金を稼げる

健康しか取り柄がない↓

健康ならなんとかなる

私しかトイレ掃除をしない↓

私なら何をやっていても生きていける

なんか強制的にポジティブ発言になっていますね

もう1つの方法が

過度の一般化を論理的思考に直す

というやり方

経験した通り

「普通」「主婦とは」「母親として」

「この仕事とは」

〜であるべきだ

と追い詰められると(考えると)

その通りだ

結婚とは・・・

家庭とは・・・

仕事とは

という一般常識で自分たちをさらに追い詰めます

それを

論理的思考に直すのです

モラハラ被害者であった私は

人から認めてもらいたい

褒めて

どうしてこんなに頑張っているのに

誰も認めてくれないし

もっともっとって

終わりのない労働や愛情を要求してくるのだろう

って思ってた

あまりの苦しさや時折襲ってくる悲しみに耐えられず

何度逃げようとしとことか。

モラハラは

できそうな相手にはいくらでも容赦なくやる

という人格なので

いくら頑張ったって苦しくなるわけです。

離れればいいけれど

被害者はまるで全てが自分の責任であるかのように

相手の微妙な態度や言動から思わせられ

マインドコントロールされているし

子供がいたり

病気を持っていたり

経済的に貧困になるからなど

様々な理由で離れられないのですよね

モラハラ脱出に

どれだけの信念と勇気と悲しみが込められているかと思うと

もうね

泣けてきます

普通の離婚なら

別れる

と言いますもんね。それを

脱出ですよ

アマゾンの奥地からやっとの思いで脱出や

奴隷生活から命からがら脱出とか

カルト教団からの脱出生還の類ですよ

モラハラというのは。

でね

脱出できたからといって

ぱ〜〜〜っとなるわけでなく

根付いた頑固な考えが

モラハラから脱出した今もなお

心を支配しているのですよね

私たちは

一般の家庭、夫婦愛という

誰が決めたかわからない普通の形を

信じて疑いません。

自己啓発本にも

愛で生活💖系がたくさん存在します

モラハラ体質はそれをうまく利用します

私たちは

「旦那さん💖大好きよ💖今日もお仕事頑張ってね💖」

と笑顔で見送ります

モラハラ体質は

妻だから僕が求めているものはなんでもやって当然

妻だからって僕の給料の上にあぐらをかいて摂取されるなんて許せるか

病気をしたからって家事を手抜きをできると思うな❕

おいおい、仕事もしないで家にいるだけなんてふざけるのも大概にしろ

と思います

「一家の大黒柱として

夫とは外で働くべきよね。

一切愛情はないけれど家事はするわ。

外面よく頑張ってきてね

帰りは遅く帰ってきて。

なるべく顔は合わせたくないから」

なんていう妻はいないでしょう

妻がそんな人でないのは

モラハラ体質はちゃんとわかっております

自分は愛されるべき特別な人間だと

心底思っているので

私たちが到底及ばない考えです

思いやりなんて一ミリもありません

妻の体調や意見なんてどうでもいいのです

こんな人を相手に頑張っていたら待っているのは

精神の崩壊、体も壊します

他の例を挙げると

仕事はするべきだ

今の私のようにアパート暮らしで収入がないならなおさらです。

ですがここを論理的に考えます

今は体や心を休める時だ

精神学と絵を勉強する時間が取れる

貯金が後いくらあるから何ヶ月は何もしなくても生きていけると。

まとめると

  1. ねばならないという脅迫的な思考を一般的にする
  2. 過度の一般化を論理的思考にする

ということです

人に何を言われようと

人の考えがどうであろうと

まずは自分の身を守らないと

でもね

本当は根本的には

誰もが皆、不安な人生を送っていて

不安のない人なんてほぼ存在しないんですよね

今 私たちの周りにいる

とても安定したように見えるあの主婦も

あのサラリーマンも

ただ今、安定しているように見えるだけで

不安のない状態ではないのだと思います

誰もがそう

だから少し安心できますね

では

本当に鬱かどうか迷った時は前のページ

行方不明の2歳児を見つけたおじいさん次のページ

関連記事

  1. モラハラ脱出

    モラハラ環境から うつ症状になった女のある治療法

    こんにちはカウンセラー画家上杉めいです。今日は…

  2. モラルハラスメント

    モラハラ対策カウンセラーJoe先生ってどんな人?

    離婚しないモラハラ対策カウンセラーJoe先生の勉強会に行ってき…

  3. モラルハラスメント

    最近の色々

    逗子図書館で絵の勉強そして葡萄の収穫亀と子どもと過ごし猛烈に…

  4. モラルハラスメント

    矯正中

    ありのままその存在の価値はその行為による価値に匹敵するもんか…

  5. うつで困るお出かけを工夫してみよう

    うつ中に出かけようとすると予想もつかないこんなことになるからどうすれ…

  6. モラルハラスメント

    人生最大の無駄|恐ろしいモラハラ夫との生活

    モラハラ被害者の断捨離について書いていくこ…

コメント

    • mekkukun
    • 2018年 8月 24日

    kyokoさん
    そうなんですよ
    今日も押しつぶされてます
    考えてもしょうがないんですがねえ
    私は何かしようと思っても
    やらない自分に焦ったり呆れたりしてるのかもです。
    このブログで収益をと考えているから
    文章も偉そうな
    面白くないことになっているかもですが
    少しでも人のためになるかな
    とも思ったりして。
    いつも通りグラグラしてます 笑

    • kyoko00
    • 2018年 8月 23日

    めいさんへ
    そうですよね。
    みんな不安は大なり小なりあるんですよね。
    私も不安だらけ。
    ほんと行く先は一人ぼっちですから。
    年老いて、体力も気力もなくなって、お金もなくなって、頼れる人もいなくて、、、。思います。
    人それぞれに、思うところはあるでしょうね~。
    (>_<) ねばならない。 そう思わずに、不安から離れられる思考でいたいです。 今日も不安におしつぶされてますか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. モラルハラスメント

    お金持ちと貧乏
  2. モラルハラスメント

    自信とは? 自信がない人に向けて・・・自信がない人は一流になれる?
  3. モラルハラスメント

    モラハラ加害者のいいわけ
  4. モラルハラスメント

    休養
  5. モラルハラスメント

    悔しくてたまらない
PAGE TOP