モラルハラスメント

DVから逃げてきてからの自立支援医療費の申請の仕方

ふわっと暖かくて

体調も良くなりそうな天気ですね^^

今日はね

DVで住民票を移さず逃げてきた女性の

精神疾患になった時に活用できる

制度について書いていくね

まず最初にできることに

自立支援医療制度(精神通院)というものがあります。

遡って医療費助成できないので

6ヶ月以上、同じ病気で通院している人は

6ヶ月を過ぎた時点で即申請した方がよいです。

この制度では

医療費と薬代の窓口で出すお金が3割負担から1割負担になります

最大で上限1万円以上は負担しなくてよくなります

(負担は0円から1万円の間 課税額により異なります)

地域によって異なることもあるかもしれません

最大負担額は即わかります

申請時に市の役員が教えてくれます^^

まず市役所の障害福祉課へ行って

自立支援医療費支給認定申込書をもらってきてください

それを通院している病院の先生にそのままお渡しします

その時先生に記載してもらう住所は

住民票のある以前の住所でなく

今現在住んでいる住所を記入してもらいます

私はメモを渡しました。

病院にもよると思いますが1日あれば書いてもらえます

病院に行った勢いでw

ちょっと頑張って!

住民票のある以前住んでいたところの市役所へ行き

夫の課税証明書(働いていたら自分のもの)をもらって来てください

住所変更をしていないので

すんなりもらえるはずです(夫の了承は入りません

では市役所(障害福祉課)に持っていくもの

  • マイナンバーカード
  • 保険証
  • 自立支援医療診断書(病院で書いてもらったもの)
  • 本年度(今だったら平成30年度)の課税証明書
  • 印鑑
  • 病院と薬局の名称、住所がわかるもの(領収書)
  • 今住んでいる所が証明できるもの(光熱費の領収書←ポストに入れられてるやつ)
  • 運転免許証

です。

病院にはあらかじめ自立支援医療制度を受けたいことを

話しておくとよいです。

私はこの制度を知らずに1年6ヶ月の通院をしていました。

意外に簡単に手続きできたので

もっと早くやっておけばよかったなあと思います

市役所の方に聞かれたことは

なぜ住民票を移動できないのか?ということと

なぜこの場所に引っ越して来たのか?

単身か?

ということでした。

※何度も市役所で夫のDVからの別居で

住居が知られたくないことを伝えてください。

住所を知られたら

安心して過ごせなくなってしまいますから・・・。

ではハッピーライフを・・・^^

モラハラ対策カウンセラーJoe先生ってどんな人?前のページ

鬱で自炊が大変な時は次のページ

関連記事

  1. モラルハラスメント

    優しいと言われることと褒め言葉

    どう思う?ここまでの思いを私が持たれる権利があるの 笑これが毎晩、仕事…

  2. うつで困るお出かけを工夫してみよう

    うつ中に出かけようとすると予想もつかないこんなことになるからどうすれ…

  3. うつになったら住む場所はどこがいいの?

    どこに住むかという選択がものすごい大事ということを私なりの見解で書…

  4. モラルハラスメント

    少しずつ前へ

    ほぉー本格的に仕事に復帰してから半月が経ちました。脚が疲れた。満員電車…

  5. モラルハラスメント

    120点の私

    明日のお出かけがものすごく楽しみで今夜は寝られないかもしれない!…

  6. モラルハラスメント

    またまた好きな人

    今日は弁護士さんに今後についての話しをしてきましたやっぱりキレイな顔を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. モラハラからうつへ

    生き直しかた
  2. 被害者の特徴

    モラハラカウンセラーが感じる”嫌われ松子の一生”の松子の病気
  3. モラルハラスメント

    モラハラから避難
  4. モラルハラスメント

    モラハラ家族が不倫!?居場所が家庭にないなら作ればいい
  5. ブチ切れるとき

    モラハラ夫がブチ切れるとき!最大の危機
PAGE TOP