モラルハラスメント

モラハラ対策カウンセラーJoe先生ってどんな人?

離婚しないモラハラ対策カウンセラーJoe先生の勉強会に行ってきました。

※この記事は2021年3月13日に加圧修正しました。

Joe先生ってどういう人?怪しい?怖い?どんな感じ

という勉強会に行こうかどうか迷っている

モラハラ被害者の女性に向けて書いていくね。

私が行ったのはこの前東京で行なった

将来について楽観的な人は、なぜ楽観的なのか

という講座です。

私のスペック

勉強会に行くのは今回で3回目^^

無職の無収入でモラハラ館脱出してアパートで一人暮らしの療養中

子供2人はモラハラ館で暮らしております

モラハラ被害から鬱になった

もはやモラハラ被害書のサラブレッドですw

いつものことですがJoe先生の勉強は

めっちゃ楽しい。

参加者はいかにも人の良さそうなモラハラ被害にあってそうな

20〜から60代の女性の方。

悲壮感漂うこともなく

暗くなることもなく

いつも楽しい雰囲気漂うの。

Joe先生は独特のゆるい感じで

自分の話に自分で受けてるような

微笑してるJoe先生を

苦笑しながらまたは

ウケなから取り囲んで話を聞いてる女性軍。

まあ

独特です^^

だけれども

私が有り金はたして行くということは

それだけ意味があります。

自分のためになるお金だとわかっているから。

そこにいる方々は

多分自らもモラハラ被害にあったことのある

モラハラを知っている人たちだから

話が早い。

モラハラを知らない人とモラハラの話をするほど

骨の折れることはありませんから。

今回もね

講座の終わりに私はJ oe先生に質問をしました

内容はね

「モラハラ夫と住んでいるアスペルガーの息子の授業料を

半年間夫が払っていなくて

子供が停学になってしまうということで

私がパニックになってしまって

学校の事務所に払いに行ってきたんです。

私は今体調が悪くて働けないし

今度また1月にも授業料の支払いがあります。

もうお金がないので

困っています

夫はいい会社に勤めていて高給取りです」

と。

私の通っている心療内科の女医さんは

「今回はたまたま、コミュニケーションがうまく

行かなかっただけね。」

という。

いやいや コミュニケーション取れる相手なら

子供を置いて脱出しないだろ。。。

とそっと思いました。

市の相談員さんは

「それはモラルハラスメントの典型ですね。

まずは

両親に送金してもらって下さい」

はいはい。モラルハラスメントだととっくに気づいてますよ。

だけどどう対処していいか

疲弊して

体調が悪くなって

どうしようもなかったんです

両親には充分頼ってます

そしてJoe先生の答えはこうでした

「今回、あなたは授業料を払うべきではなかった。

子供はアルバイトはできない(アスペルガーでコミュニケーションがほぼ取れない)し

高校三年生で進学校でアルバイトは無理なら

本人が働いて払うこともできない。

次回もまた今回と同じやり取りをすることになる。

職員室に開き直るというか

もうどうにでもなれという気持ちで入っていて

そうだねえ

もう裸で入っていくような気持ちでっwww

こんな態度で(真面目な顔をして実際にやって見せてくれた)

「「すみません!私はこんな状態で払うことができません

夫は財力が充分にあって

ここの会社に勤めていて、

子供は知っての通りアスペルガーで話ができない状態です

なので夫に直接言っていただければ

必ず払えますので。」」

と学校に夫へ対応してもらえばいい。

だってあなたはもうどうしようもできないから」

私は

「ああそうですね!それがいいですw

それに

ボロボロの格好して行けばいいですね!」

というと

Joe先生

「それもそうだけどwww」

とめっちゃウケてくださいました。

なんだかすごく楽しかったです。

モラハラの渦中のいる場合
この楽しいと言う感情は欠如しておりますよね。

だから自分でも驚きでした。

モラハラの対処はそうなんですよね

普通の感覚や対処をしては

エスカレートするだけなんですよね

ただ私を(ターゲット)困らせるために

やっているだけだから

それについて思い悩むことは

モラハラ加害者の快楽になってしまいますからね

さすがJoe先生だなと思った

モラハラを受け続けない

対応なんですよね。

もうね

八千円以上の価値はあります

最後の相談だけでも行く価値ありだし

教わった”将来について楽天的な人は、

なぜ楽天的なのか”については

これからの生き方でずっと活かせる内容だった

それにね

最後いつもドアの前で

お見送りしてくれるんだけど

なんとも言えない

やんちゃ坊主みたいな

弾ける笑顔があまりに素敵すぎて

顔も見れずに

「ありがとうございました・・・」

と俯いてそそくさと出てきましたよww

もうあの夫にはひどい目にあいすぎて

もう男なんてどうにもいらん

一億もらったっていらん!

って思ってたけど

Joe先生の笑顔に一瞬くらっときましたよw

機会があったら行ってみて下さいね

では

めい。

ここからは加圧修正した部分ですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在のJOE先生はどうされているのかな?と気になって調べてみました。

ホームページを覗いてみると
ありました!

離れられない「モラハラ」「身近な人からの攻撃」対処の超裏技!

ありましたありました。変わらず素朴で
題名にきらりとワードセンスの光るJOE先生はさすがだわ!

「素敵やわ〜」と声が出そうになります。
ショッカーを前面に押し出した変わったブログ。
数年前と変わらない空をながめた
年齢不詳の素朴な横顔。。。

本物のJOE先生の方が数倍素敵ですよ。
スラリとしてかっこいいのにねえ。(今現在はお目にかかっていないですが)

私がJOE先生だったら顔面丸出し、細身のスタイルを生かした
ピチーっとしたスーツ姿をブログの背景にするだろうな〜。

私は離婚が成立してからは、ブログを覗くこともなくなりました。

しかし今の私があるのは
友達がこのブログを教えてくれたから、
そしてJOE先生がこのブログを書いてくださっていたからというのが
とても大きいのです。

JOE先生のブログがなかったら、今もなお
モラハラ館で自◯するタイミングを見計らって
右往左往していたでしょう。

感謝しても、し足りないくらいです。

一番すごいなあと思うのは
まだ、モラハラ関係の記事を書き続けておられるところです。

数年前講座に参加したときには
「飽きたり、他のことをしたくなったりしたら
カウンセリングやブログも辞めちゃうかも。
そこになんの抵抗もないのよ。」と
少年みたいニコニコ笑いながら申しておりましたよ。

モラハラという壮絶な虐待の血肉に塗れた悲壮感漂う方かと思いきや
妙な安心感のある可愛い笑顔の方でした。

同じ経験をしている方がいたことにも安心しました。
いつもどこにいても浮いていると感じ、
即帰りたくなる自分が
全く浮いておらず、もっと話を聞きたいな
もっとここの人たちのこと知りたいなと思っていたのでした。

ご結婚されたのかな。
ダイエットに成功したのかな。
(とてもスマートだったのに)
まだ、コメ欄で女性たちがモラハラ経験を語っておられるのかな。
コメバトルはされていないのかな。
モラハラ対処の話題は飽きないのかな

これが今一番思うところです。

Joe先生の講座は楽しい講座で
迷っている方がいたら参加してみてくださいね。
あれから4年くらい経ったかな
いまだに講座の資料は大事に取ってありますし
時々思い出して眺めたりもします。

また、無料のステップメールの後、
毎日お昼の12時にメルマガを送ってくださるのですが
どの記事も、かなり具体的で実践できるもので
私が1日1日を生きる糧にしていましたよ。

また、モラハラだけにとどまらず
どうやって生きていけば楽なのかとか
楽観的に生きるにはどうしたら良いかなど
生き方のヒントみたいなモノを教えてくれていました。

偉そうな感じは一節もなく、面白く笑ありのメルマガには
癒されました。
どう考えても有料級ですがずっと無料でした。
そのメルマガでたまに講座開催のお知らせが来たり
以前は電話カウンセリングというものが定期的にあり、
募集しておりました。

電話カウンセリングはめちゃくちゃ高かった記憶があります。
今はどうでしょうかね。
もし電話相談するなら
確実に的確にあなたの状況を判断し
行動や言葉の指示や、声のトーン
目線などの的確に教えていただけると思います。

本を読んでも分かるとおりJOE先生の話は実践的です。
経験した人でしかわからない
また、加害者側もどうしてこういう言動をとるのかとかも
心の動きがわかりやすく書いてあるので
踏ん張って、頑張って、湧き上がる感情に心グラグラし
読んでいてクラクラして疲れ果ててしまいますので
私には読みきれませんでした。

きっとモラハラ環境を抜け出した後に読んだのでいけなかったのかしらね。
モラハラ環境、渦中の方、のっぴきならない状況にいる方には良いと思います。
あ、でも家族がモラハラな方は家にこの本を置いておくと危険ですので
友達の家に置くか、コインロッカーに入れておいて
必要な時に取り出して読んでください。
私は大事なことが書いてあるページを
スマホ(当時はガラケー)の写真に納めて、携帯にはロックをかけて
肌身離さず持ち歩いていましたよ。

リンクを貼っておきますね。
離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本

また会いたいな・・・
YouTubeでコラボしてくださいませといえばしてくれるかな。
私の中ではモラハラの話題は私はもう飽きたのでというか
やり切った感があるので
絵描きバトルの企画とか??それとも
静岡の街中で食べ歩く企画とか。

なんて少し夢にみてしまいました
ではまた。

※この画像は実際のJoe先生とは異なります。

youtubeやっています▼
Joe先生、これを見てくださっていたら連絡お待ちしております!
上杉めい

無料レポート▼

諦めない、望む未来の描き方

ほんの少しの幸せの秘訣▼

https://zousenjyo.com/wp/gomi-ennta-texina/

プロフィール

https://zousenjyo.com/wp/siawaseninaritakatta-2/

インスタグラム▼

https://www.instagram.com/mei9260/?hl=ja

BASE▼空間を整える絵を載せています

https://mekkukun.thebase.in

Re Design▼更新中のブログ

Https://zousenjyo.com/wp

 

 

鬱病の人の生きている意味を考えた前のページ

DVから逃げてきてからの自立支援医療費の申請の仕方次のページ

関連記事

  1. モラルハラスメント

    自分を肯定する強さ

    ふと思った。なぜ?といつも誰にでも私はよくああした方がいいこうしなきゃ…

  2. モラルハラスメント

    モラハラの母

    ま!!まさか!!『こんにちはっ』この張りのある明るい声は義…

  3. モラルハラスメント

    無限の脳みその使い方

    こんばんは。上杉めいです。私ごとですがここにやってくるのは最後にな…

  4. モラルハラスメント

    低く沈んだとこ

    こんばんはー。今日は学校の係りに参加したのちゴロゴロしました…

  5. モラルハラスメント

    モラハラ夫の定期チェック

    お盛んだったあの頃ゴミ箱チェック冷蔵庫チェック…

  6. モラルハラスメント

    目覚めた❗

    お正月〰️まったりゆっくり腐るほど寝ており…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 2月 14日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. モラルハラスメント

    モラハラ脱出のための不動産 生きる
  2. モラルハラスメント

    好きという言葉の頂点に上杉昇さん。うんそんな感じ
  3. モラハラからうつへ

    生き直しかた
  4. モラハラからうつへ

    鬱病の人の書いた文章が怖いんだけど
  5. 団地のインテリア

    もったいなくて物が捨てられない時(モラハラ環境からゆるミニマリストへ)
PAGE TOP