自己否定の気持ち

弟もいてる

弟のはなしも。
感情は入れずに事実だけかくね
それなら何とか言える
見たくない人は見ないでね
イヤな気持ちになるから

弟は仕事中に事故で
半身不随になったのね。

その前にもなんやかんやで
腕を切断しそうな大怪我もわざとしてたね
これは事故後
お正月にみんなでお雑煮食べてた時の話し
弟は私が作ったのを食べて
餅を喉につかえたの
食べ方がおかしかったからわざとやった
半身不随の人はお腹の筋肉も退化しているから
咽せることもできず…
口に手を入れて餅を出そうとした
母の手を噛み切りそうになってた
無意識でね
母は痛い!と叫んだ
弟は眼を見開いて鬼みたいな酷い顔だった
掃除機でも出そうとしたけど
出なくて
顔が しゅういろ 味噌饅頭の色になってて
ああ 死ぬ人の顔色ってこんななんだって。
ぐったりしてたし
もう死んだなと思ったんだ
母は泣きわめいてうるさかった
妹が
軌道確保しようとして
鼻から通した管がお餅を押したみたいで
すぽん と音がして
みるみる顔色が戻った
そして
第一声が
なんで 助けた?
だった。
たぶんみんな死んだら良かった
って思った
半身不随の事故後はめちゃくちゃに
母に当たってたし…
救急車に乗る頃はもう普通で
帰ってきてから親戚のおばさんに
殴られてた
ボコボコ何度も聞こえたけど
何も出来なくて隣の部屋で
私はボロボロ泣いてた

リハビリがイヤで病院の階段から
車椅子で落ちたりもした

十年前の話し。

でも
どんなことをしても
彼は私の弟なんだよね
血のつながった弟
その事実は切れないのね
ウッチャンが監督した
手紙
あの映画の心境そのものなんだ
恨むとか好きとか嫌いとか
そういうカテゴリーでわけられないんだ

そんな過去

綺麗かな。前のページ

続 弟次のページ

関連記事

  1. モラハラからうつへ

    自分を大切にするという感覚

    自分で食事を作って食べるとなんとなく食べる度に元気にな…

  2. モラハラからうつへ

    DV被害の心の傷を絵画療法で治してみる 風水や占いやスピリチュアルじゃないよ

    モラハラ被害者にとってたった今からどうやって傷を治して行ったらいい…

  3. モラハラ脱出

    モラハラ夫の家でケーキを自作して 一人で食べる姿を想い・・・

    またかいなって言葉は置いておいて私がまた罪悪感の奈落の…

  4. モラハラからうつへ

    モラハラ被害の後 人と適度に距離感を保ち 気持ちを楽にする

    ベビーベットに寝かされた小さな体で見つめる目線の先には…

  5. モラルハラスメント

    努力は必ず報われるってウソ、ホント? モラハラ環境では努力はほとんど報われない

    こんにちはカウンセラー画家 上杉めいです。今日は世間一般で言わ…

  6. 自己否定の気持ち

    共依存だったんだ

    共依存とは*自らを犠牲にして他人を助けたり、世話したりする自分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. モラルハラスメント

    モラハラ夫の攻撃
  2. モラルハラスメント

    負の連鎖
  3. うつを自覚すると少し楽になるよ
  4. 日常

    上杉昇さんと生き物
  5. ブチ切れるとき

    モラハラ息子への影響|クリスマスイブ
PAGE TOP