モラハラ被害の後 人と適度に距離感を保ち 気持ちを楽にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ベビーベットに寝かされた

小さな体で見つめる目線の先には

ピンク 緑 黄色 様々な色のビニールの飾りが

ゆっくりと回っている。

左側から降り注ぐ暖かい春の日差し

近くに なんとなく感じる父と母の存在

滲んだ背景ともにあるのは

自分と父と母が一体化している感覚。

言葉に言い表せずとても気持ちわるい

 

これが私が持つ 最古の記憶である

 

こんにちは 上杉めいです。

私 とても人を傷つけてしまったようです。

謝っても謝り足りません。

 

私が話したことに対してその方を悲しませたのは事実であり

もし 私がとても傷つけられた場合 

例えばモラハラ加害者など相手に対して望むことは

「二度と私の前に 現れるな」です。

だからその方の前には現れませんし

関わりません。

本当に申し訳ありませんでした。

 

モラハラ被害にあうと

人との距離感を取るのが下手になる

私に関しては小さかった頃の記憶とともに

人との距離感を見定めるのが難しい。

 

なるべく人と距離を離しているが

自分のことをわかってくれる!と感じた相手には

自分のことを語りまくり

理解してくれないことに落胆し

距離を離される。

やっぱり自分は一人なんだ

私なんか理解してくれる相手はいない

と学ぶのだ。

近寄ってくるのは保険の勧誘かお金貸して♫という

一見 可愛い人である。

 

急激に距離を縮め まるで相手と一体化したいのか

と思わせるような脅威の距離感

ただ 顔をあわせるだけ 居るのかいないのかくらいしか感じない

遠い距離感を保つのかその両極端なのだ。

 

適度な距離感

それがわからないのである

 

今まで

適度な距離感で対面した人がいない

それもある。

 

友達とワイワイ入る温泉

妄想しただけでグロ映像である

 

私はなんども

「人と関わりましょう」

というけれど

今までと同じ通り 人と付き合うと失敗するし

もう怖い。

人に傷つけられたくない

 

対人恐怖とはこういうことだ。

 

だからどうすればいいかというと

人と適度に距離を置くのだ

 

何でもかんでも共感したり共有したりするんではなく

自分の大切な心は何でもかんでも丸出しにしないのだ。

そんな大切な心を見せてどうする。

 

今までは

自分を理解してと思い

話せば話すほど 人に逃げられて来たのではないですか

 

相手だって 積極的に大事なもん 見せられても困る。

重い 悲しい 苦しい

その気持ちを誰も 人から分け与えて欲しいとは思わない

そうではないですか?

皆 自分のことで精一杯だ。

どんな相手とも

相互が頑張ったって相手と一体化することはできない

 

と自分に言い聞かせてみる

 

恋愛だって

誰かと一体化したい

そして満たされたい

と思うけれど

「互いの全てを知る尽くすまでが

愛ならば いっそ永遠に戻ろうか〜」

と上杉さんがいうではないか

 

どんなにステキな相手でも

何でもかんでも丸出しにして迫ってくる相手は

恐ろしい

 

私がチャンネルがーどまんのファンで

がーどまんたちを追いかけていて 

がーどまんたちが構って来ないからいいけれど

実際の生活で 

あんなにやんちゃな小僧さんたちに

家の中をローションでベトベトにされたら

天井にパソコンを貼り付けられたら

壁に センリツの絵を描かれたら・・・

 

 

 

 

だからね

好きな人とだけ関わって

距離感を保って生きていきましょう

 

所詮生きているのは死ぬまでの暇つぶし

 

そう思えは人付き合いも楽になる

 

嫌な相手とは付き合わない

好きな相手の 何もかも共有しようとはしないけど

ある作業は一緒にする

それくらいが 人付き合いが楽になる方法

 

 

ではないのでしょうか

 

では

 

カウンセリングは 下記のお問い合わせフォームから

簡単に悩みの内容を送ってください。

対応できる悩みであるかどうか返信いたします

 (お返事の遅くなる場合もあります)

www.koottasekai.com

 

■インスタグラムurl

https://www.instagram.com/mei9260

 

メールアドレスをクリック

悩みの内容を書いて送信

 

■BASE

カウンセリングの活動資金にさせていただきます

mekkukun.thebase.in

 

■ツイッターのアカウント

@meiuesugi

 

上杉めいとは

 

モテ人研究会会長

もと美容師

画家 

カウンセラー画家など数々の異名を持つ。

 

 仕事による人間関係の悩みは

こちらのカウンセラーへ。

悩みの解決方法を一緒に探してくださる方です

カウンセリングルームは神奈川県の平塚です

ameblo.jp

 

 

自分を大切にするための無料メール講座のお申し込みはこちら↓

 

自分を大切にするための7つのステップ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. mekkukun より:

    Kyokoさん いいと思います
    つかず離れずの関係。
    それが一番です
    あまりに距離を縮めすぎると相手から逃げられますし
    相手は恐怖です。
    私はなかなかできないのですが
    こういうところはとても気をつけなければならないです。
    何より自分の身を守るためです
    自分が平和でないと人も守れませんから
    京子さん
    本当にありがとう

  2. kyoko より:

    こんにちは。
    人との距離感。
    難しいテーマですね。
    私も思います、付かず離れで。
    私がそうだから、あんまり喧嘩になることはないです。自分の事も積極的に話さなくて、聞かれたら答える。ぐらい。聞いて~聞いて~っていう話し方であんまりしたことないです。
    私は、距離を取り過ぎてるのかな、、反対に距離を縮める努力しないといけないのかな。。。って思ったり。
    (-_-;)
    難しいところです。
    でも、親しき中にも礼儀ありで、な~な~にならないように心掛けてると、それほど濃い関係にならないかもですが、離れていくこともないかな。
    う~ん、あんまり人と濃い付き合いをしてない私の意見であります。
    (>_<)

コメントを残す

*