対人恐怖症

自分の気持ち

休みだったから久しぶりに描いてみた
なんか暗〜い顔になった 
_20180611_232907 

















そして紫陽花
DSC_1115 














豆電球下では色がよくわからんくなりました
さて
少しの元気がある日は
また絵を描いていってみようと思うの
いつまでもぐちょぐちょしてても
時間のむだですもんね
動いて
人目に晒されると
必ず嫌な相手が居るもんだ
きっとどこの世界にも。
人から嫌なことを言われることもある
言う方はひどい話を
平気で言うんだわね

言われた方は残酷で
傷ついて悩んで
苦しむ。
けれど
そんな嫌な相手の
嫌な言葉を
受け取らないように 。

って心に誓ってても
きっとまた落ち込むんだけどね 笑
でも
自分のことは
自分で守らないと
誰も助けてくれないから

そんな相手はほっといて
へえ。相手はそう思うんだ
さて
私はどうするかって
問うてみようっと


では❕

 

恥ずかしい姿前のページ

感謝次のページ

関連記事

  1. モラハラからうつへ

    現在と過去と未来と

    睡眠導入剤を最近やめてみたのそしたらやっぱり頭痛がしっぱなしなの。細か…

  2. 対人恐怖症

    間違えちゃったの??

    お客さんが「ちょっと予約時間よりちょっと早かったわ〜」って来店されたの…

  3. ブチ切れるとき

    卑怯な生き物 これが女性のモラハラだ!

    いやあめんどくさかったーですよ店長と二人きりの空いている店…

  4. モラハラからうつへ

    モラルハラスメント脱出で自分を犠牲にする間違えた生き方を気づかせてくれた

    心臓に鈍痛がする我慢できないほどでもないが心の病は、しっかりと心のある…

  5. モラハラ罪悪感

    犯罪者の罪

    富田林署から逃走した樋田容疑者が捕まりましたね。逃走してから1…

コメント

    • mekkukun
    • 2018年 6月 14日

    きょうこさんへ
    手が勝手に動いたら面白いです^^
    どんどん描きますね
    周りが気にならなくなるくらいって
    ものすごく集中して
    焦ったりくよくよしないで居る時間
    とってもいいですね

    • kyoko00
    • 2018年 6月 14日

    こんばんは。
    めいさんは、ほんとに絵が好きなんですね。手が勝手に動く感じでしょうか。
    どんどん描いてくださいね。
    周りが気にならないくらい^^

    • mekkukun
    • 2018年 6月 13日

    きょうこさんへ
    ありがとうございます^^
    久しぶりに描いたらとっても楽しかったです
    今日は2枚描いて前の絵を
    2枚仕上げしました
    好きなことはどんどんできます
    合わない人と近づくだけでとっても
    疲れますよね
    私はもう、人に合わせるのはやめました。
    傷つきますもんね
    違うことを考えるようにですか
    意識してそう言う風にすること
    いいですよね
    そうしないとどんどん落ち込んで行きますもん

    • kyoko00
    • 2018年 6月 12日

    めいさんへ
    お久しぶりの絵だ。^^
    時間があったら、ささ~って描けるのがかっこいい☆
    めいさんの心情が絵にでてるのかな。
    それも憂いがあって引き付けられます。
    うん、また描いてね。
    どこにでも、自分と合わない人がいるもので、頭の中は拒否してしまって、合わせるのに苦労しますね。傷ついた心はなかなか元に戻らない。
    ((+_+))
    私も、そういう時はあえて違うことを考えるようにしてます。
    B型なのか違うこと考えてると忘れてしまうね(笑
    でも、ふとした時にまた思い出して憂鬱になるけど。。そうなったら、また違うこと考えるようにしてます。
    しまいには日がたって嫌な事は思いでになってしまってます。^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. モラルハラスメント

    平和な家庭で育ったが思いきりモラハラ被害者になった原因
  2. モラルハラスメント

    親権と父親とモラハラの弁護士
  3. モラルハラスメント

    サイレントモラで軟禁生活17年。今思うこと
  4. モラルハラスメント

    モラルハラスメント離婚と子ども
  5. モラハラからうつへ

    自分を大切にするという感覚
PAGE TOP