モラルハラスメント (モラハラ)脱出後の離脱症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは〜 カウンセラー画家
上杉めいです。

今日はモラルハラスメント (モラハラ)脱出後の
離脱症状にはどのようなものがあるか
について書いていく

モラルハラスメント 環境から脱出後に
特に心に残るのは
恐怖ですよね

 

加害者がすぐそこにいるんじゃないか
居場所がばれるんじゃないか?
電話やラインや郵便物が届きなんらかの接点を持ってくるんじゃないか
加害者は私のこと怒っているに決まってる
ご飯の準備をしてこなかった。。。

などなど

そんな恐怖に怯えながらも
実際に脱出で必要な知識をすぐに記事にしたものが
こちらです↓

https://koottasekai.com/post-66/

私に脱出という方法もあると教えてくれた方が
こちらのコメント欄でも
脱出後の離脱症状を大変わかりやすく
説明してくださっています

ある方のコメントです


0 が承認

1.75.8.153
私の時も恐怖心や罪悪感が邪魔をしました。
マインドコントロールの離脱症状です。。
どこに行っても追いかけてくるんではないか?
私はワガママなんではないか?
と、マインドコントロールされてる時の名残りが出ました。
上から監視されてる感覚、自由が怖い感覚も体感しました。
それらは、モラハラ被害者は脱出時からしばらくは抜けません。
マインドコントロールされていた証です。
戻る方が
マシなんじゃないか、恐怖心が罪悪感がなくなるのではないかと。
しかし、戻っても現実が待ち受けてます。
モラハラは激化します。
やっぱり、このままではダメだ。おかしい。
出よう。ですね。
カルト宗教から脱会する時も逃げる様があると思いますが、あれとそっくりです。。

まさにこの通りの心境で
こんなに怖いんなら 悩むのなら
モラハラ館に戻った方がいいのかな
ととんでもないことを考えてしまう自分にもビビりましたね

恐怖や罪悪感

coffeeNwaffle / Pixabay

マインドコントロール離脱症状なんですね

しばらくは何をするのにも
こんなことしていて本当に良いのだろうか?
私は何をしているんだろう
こんなことが許されることなのか?
と悪いのは自分ではなかったことに気づいた後も
2〜3年悩み続けました

私自身 これがなかなか消えず
人と接することが大変怖くなってしまいました。

対人恐怖症

人は嫌いではないけれど
何を考えているのかわかりません。

いくらこちらに敵対意識がなくても
もし勘違いされて怒らせたり傷つけてしまったら?
人の機嫌を悪くしてしまったら?
その時の相手の顔は?

モラハラ加害者の
あの冷ややかな目に凍りつく心と
ケダモノを殺しにかかる時の顔
血色がわるく全身から憎しみオーラを感じるあの恐怖
なんども蘇ります

そうだ

人と接しなければ
関わらなければいいんだ。。。

それが私が出した結論でした。

でもそれでは
モラハラ館に居た時の
軟禁状態で不自由な生活生活範囲がなんら
変わりがありません。

怖いけれどもっと人と
接点が欲しい!そう考えました
SNSを通してなら人と関わることができます

対人恐怖と孤独感はSNSによって一時的だろうと思いますが
薄れることができました。
決して人は悪い人ばかりではありません
それがわかっているけど
人と関わることを避けている人もいるでしょう

もう二度とモラハラ加害者とは関わりたくありません

当たり前ですよね
そんな時は

モラハラ被害にあったことのある人なら
相手がモラハラかどうかを見抜くことより
自分のなんか嫌だな。。。っという感覚を頼りに
もう二度と同じ目に遭わないように
離れることができるようになっていると思います

なぜなら我慢や耐え続けていたせいで
どれほど深く傷つくか
を知ったから。

どうやら普通の人は
なんか嫌だな?
と思ったらどんどんその人から離れるようですよ
自分を守る能力は当たり前に備わっているそうです

ところが

モラハラ被害者体質は

嫌な相手には
どうやったらその方が良い気分になるか
どうにかして上手く接していこう

私ならそんな嫌な感じの人ともやっていける
なぜなら我慢が得意だから

変な正義感に駆られますよね。
身に覚えがあるでしょう

どんどん逃げていいようです

職場のモラルハラスメント

仕事場のモラハラで逃げることは無理にしても
言葉 短に答える
余計なことは話さない
接点を減らすなど
最低限 身を守ることをして下さい

おかしな相手に
正義や善意や情をお見せしなくていいんです
あなたの良心はあなたを大事にしてくれる人のために
とっておいて下さい

加害者は一度ターゲットになってしまった相手の
意見は聞きませんし
何をしても許される
相手が悪いと考えるような人物ですから

心身症状

これは不思議なことに
精神に傷を残すモラルハラスメント環境にいた時より
脱出して
少し経った時の方が症状が出やすいと思います

時間が経っているだけに
モラルハラスメントの証拠ともなり得ません

脳への影響は外傷となる出来事から
3ヶ月経った後に出やすいらしいです

確かに・・・311の大震災や津波の直後より
3ヶ月経った時の方がPTSDなどの症状に悩まされる方が
多かったというデータもあります

悪夢も見ない日はありませんでした。
2年経った今も時々奴が夢に出てきます
相変わらず暗くて不細工です

モラハラ脱出後の心身症状

には 不眠障害 不安障害 抑うつ感 動悸 息切れ
倦怠感 食欲増進または食欲減退 骨の鈍痛 頭痛
異様な疲れやすさ

があり
私はどれも体験し いまだに継続中です
ふとした時に すぐに体調を崩すので
治る気もしませんが
心からくる病気の治癒は
3歩進んで2歩下がるという具合
本当に少しずつしか治っていきません

コツは焦らないことです。

病中でも動けるような日は
今できることでほんの少しでもいいからやり
前に進む努力をしていると 病床であっても満足できますよ。

よかったら試してみて下さい

 

何もしていないとなんの価値もなくなったように思え
さらに落ち込みますからね

 

少しでも参考になったでしょうか?

調子が悪い人の 弱々しい意見もそれなりの
経験があるから お伝えできてよかったと思います。

机上の結論よりも役に立てることもありますね

私の体調の悪い中でも前に進むこととは
このブログを書くことでもあるんです

これ以上 辛いモラルハラスメントの被害に
悩まされる人が居なくなりますように

 

では!

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*