モラハラはどんな人でもあう確率はあるよ モラハラ被害者が沢尻エリカさんを見て思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんわ。

カウンセラー画家上杉めいです。

 

「沢尻エリカさんが合成麻薬所持か・・・
これからは私の時代だ。」

・・・失礼しました。。。冗談です

 

今日は沢尻エリカさん越えの美人になったつもりで
美人でもモラハラにあう確立が意外にあるよ
という話をしていきます。

なぜ私が美しくもないのに
こんな話をするかというと
中高専門とモテた時期があったからです

けして美人ではありませんが
化粧や洋服(制服)の恩恵を受けましたw

そして学生時代にエステ業界で有名な
たかの友梨さんの本
願えば叶う」の著書に
美人であることのメリット(美人に見えるための化粧と服)に
感銘されて生きてたからです

たかの友梨さんの本でとっても印象に残っているフレーズがあります

たしか

「美人であるだけで尊敬される」

というような文章

うる覚えですが
男性だけでなく女性にも美人は尊敬される
というような内容でした。

たかの友梨さんも仕事に忙しく
白衣で電車の通勤をしていた時より
普段からオシャレやメイクに気を使い綺麗にしていたら
女性の従業員の接客 仕事への姿勢
たかのさんとの関わり方が変わったという話でした

人間のさがみたいなものでしょうか
美人を尊敬するということは。。。

沢尻エリカさんをネットで見ることが多くなった最近
確かに
沢尻エリカさんがどんな人だろうと
どんな演技をしようと
どんな発言をしようと
「うわ〜沢尻えりかだ・・・」
とうっとりした顔で見てしまいますもん

そんな話ではないですね

人にちやほやされながらも
自己固定感の低さや自信のなさ
自己嫌悪に悩まされる人がいるんです

これを読んでいる皆様も
どんな人でも

モラハラというDVにあうこともある


という心構えがあり
こいつはやばい モラハラだ!」
という気づきがあればいざという時身を守れますので
お伝えしますね

 

モラハラが起きやすい場所

モラハラ加害者は閉じた環境の中で
ターゲットを支配します

モラハラの手法

https://koottasekai.com/post-1891/

からすればわかると思います

モラハラ加害者は
ターゲットに 劣っている相手を選びません。
性質上 世間体を鬼のように気にします。

なので
美人でない相手を選ぶことはあってはならないことです。
モラハラ加害者は人を観察する能力に長けています。

なぜならモラハラ相手を間違えると
返り討ちに遭う可能性もあるし
世間体が悪くなることを恐る性質
だからです

モラハラ加害者が自己愛性人格障害者が
「爬虫類みたいな目」と言われるのは
ターゲットを探している時の目だと思われます

モラハラのターゲットに選ぶ基準は

  • 優しい性格か
  • 我慢強いか
  • 自己肯定が低いか
  • 自分より優れたところがあるか

ということです

優しい性格か?・・・
はモラハラ加害者は
強い人物が怖いからです

我慢強いか・・・
はターゲットにせっかく選んでも
逃げたり他言されたりし
自分の非が世間に知られてしまうことを恐れるからです

自己肯定感が低い人・・・
は加害者には好都合だからです。

ターゲットの
己の身を差し出してまで人に尽くす性質を利用して
コントロールしやすく
モラハラの手法に取り込みやすいです

自分より優れたところがあるか・・・

ピアノが上手だったり
話が上手
人あたりがよい
努力家など
自分が持っていないところがある人が
自分の彼女や奥様であることの
優越感を得られるということと

弱く儚い人の心を折るより
魅力的な人の心を壊す方がスッキリし
己の力を誇示できるからです

普通の人には理解できない感情ですね

100均のマグカップをポッキリと壊すより
高級なシャンパングラスのタワーをぐしゃぐしゃに
壊す方がスッキリするのと似ています(キリンさんより)

自己愛性人格障害者をディスるつもりはないのですが
これほんとです

どんなモラハラ加害者もこの基準を
しっかりと見抜いて
ターゲットを苦しめていました

ということで
美人でも
被害にあうことがあるのがわかってもらえたでしょうか?

美人も自己肯定感の低さにはこんな理由があります

美人なりの悩みです

  • 美人だから「高嶺の花」かと思ったら普通の人でつまらない
  • 美人でちやほやされて何の仕事もしていないなどの同性からの妬み
  • 美人だからっていい気になんな
  • 性を意識した職業 AV女優 キャバクラ店員などに選ばれやすくそれをしていることで軽蔑される

こんな綺麗で可愛い子がなぜAVなどやる??って思うこともありますよね

モラハラから身を守るには

逃げることに尽きます。

 

逃げ方も載せておきますね

モラハラから脱出するための準備は粛々と 年金や保険や離婚手順について

自分で自分の身を守ることは
人として当然のことです
罪悪感に押しつぶされる場合ではありません

被害の少ない
動けるうちに気づけたらなら幸いです

 

読んでくださり本当にあるがとうございました

では!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*